宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2020年9月24日(木) 9:00

下地氏、来月8日に出馬表明/来年市長選

与党議員団の要請受け正式に

 下地敏彦市長が次期市長選への出馬表明を、10月8日にJAおきなわ宮古地区本部大ホールで予定していることがわかった。出馬表明は、市議会与党議員団(佐久本洋介会長)が同月2日に下地市長に出馬を要請することを受けて正式に行われる。市長選は来年1月10日告示、17日投開票で実施される。

 下地市長は23日の市議会9月定例会一般質問で「支持者、後援会、議員と相談し、しかるべき時期に正式に表明したい」と述べた。

 下地市長の後援会長には、宮古島商工会議所会頭の下地義治氏が決まっており、10月8日の出馬表明には、同後援会のメンバーや与党議員団らも出席する予定で、後援会組織の再確立、市議会与党議員団と結束して選挙戦へ臨むことをアピールする狙いがあると見られる。

 市長選に向けては、市議会与党議員団が下地市長に▽産業振興▽環境共生|など、4期目に向け重点的に取り組む施策を質問し回答を得るなど、4選出馬に向け水面下で調整を図ってきた。

 下地市長は23日の市議会9月定例会一般質問で「成長する宮古島市へと移行するには、継続した政権による行政運営が必要であると考えている」などと述べ、老人福祉や子育て環境の整備など、4期目に取り組む重点的な施策を示した。