宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2021年1月11日(月) 8:58

宮古だこなど大空へ

新春親子たこ揚げ大会/ライオンズクラブ主催


最優秀賞に輝いた下地りょうご君

最優秀賞に輝いた下地りょうご君

 「第31回新春親子凧(たこ)揚げ大会」(主催・宮古ライオンズクラブ)が10日、平良の前福多目的運動場で開催された。親子組112人が参加。手作りの宮古だこなど、工夫を凝らしたたこが舞い、新春の大空を彩った。参加者らは、新型コロナウイルスの収束を願い、たこを風に乗せていた。



 この日は久しぶりに晴れた。親子連れらはたこを手に次々と会場に集合した。前年並みの参加者。宮古島地方気象台(下里)では午前10時すぎの最高気温が14・9度、北の風5㍍前後を観測した。絶好のたこ揚げ日和となった。


 子どもたちはたこ糸を威勢よく引っ張り、風に乗せて歓声を上げていた。自慢のたこが空高く舞い上がり、各賞を競い合った。


 閉会式で、川満正人大会実行委員長は「たこが空高く上がったように、良いことが上を向いた新しい年のスタートが切れたと思う」と激励した。


 宮古ライオンズクラブの平戸新也会長は「これからも伝統の宮古だこを継承し、来年も開催する」と述べ、参加者を喜ばせた。


 審査の結果、家族3人で参加し、下地りょうご君(6)の名前で登録した手製のたこが最優秀賞に選ばれた。りょうご君は「うれしい。たこが気持ちよく高く上がったので良かった」と喜びを語った。


 りょうご君の父、亮平さん(36)は「おじいちゃんもたこ作りが一緒だった。最優秀賞受賞を早く報告したい」と笑顔で話した。


 入賞者は次の通り。(敬称略)


 最優秀賞=下地りょうご▽高くまで昇ったで賞=本村虹貴▽デザイン賞=上地陽菜▽ファミリー賞=山下かいり▽アイデア賞=斎藤みく▽ハッスル賞=平戸あつき

  • 宮古島の人口

    令和3年1月1日現在

    宮古島市 55,009 人
    27,822 人
    27,187 人
    世帯数 28,370 軒
    多良間村 1,101人
    602 人
    499 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2021年1月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2