2014年3月31日のニュース一覧

2014年3月31日(月) 09:00 [社会・全般]

人的資源活用し旅満喫/市民ボランティアが介助

障害者や高齢者がツアーで来島


宮古島に初めて訪れたお年寄りや車椅子利用者ら(写真後方右から2人目が市民ボランティアの与儀さん。前列右端がツアー企画・添乗員の宮川さん=30日、宮古空港

宮古島に初めて訪れたお年寄りや車椅子利用者ら(写真後方右から2人目が市民ボランティアの与儀さん。前列右端がツアー企画・添乗員の宮川さん=30日、宮古空港

 身体障害者や高齢者を対象にした旅行ツアーで30日、熊本から5人が来島した。車椅子や入浴の介助は市民ボランティアと市社協職員がサポートする。参加者のリハビリや生きがいにもつなげることが目的で、企画した旅行会社は「障害者や高齢者が安心して旅行できるような人的サポートの輪が広がり、誰でも旅行が楽しめる社会づくりにつながれば」と意義を話した。

(全文を表示…)

2014年3月31日(月) 09:00 [産業・経済]

製糖2工場、操業を再開

終了時期なお流動的


一定程度の原料を確保して操業を再開させた宮古製糖城辺工場=城辺砂川

一定程度の原料を確保して操業を再開させた宮古製糖城辺工場=城辺砂川

 宮古本島内製糖2工場は30日、一時的に停止していた操業を再開した。天候の回復で原料不足が一定程度解消されたため。ただ、終了時期はなお流動的だ。

(全文を表示…)

2014年3月31日(月) 09:00 [地域・暮らし]

ススキ使いほうき作り/防犯協会、宮古島署主催

昔ながら、子供たち体験


ススキを使ったほうきを作る参加者たち=30日、東川根自治会館

ススキを使ったほうきを作る参加者たち=30日、東川根自治会館

 宮古島地区防犯協会と宮古島警察署主催によるススキを使ったほうき作り体験が30日、東川根自治会館で開かれた。多数の家族連れなどが参加し、地域の年配者から昔ながらのほうきの作り方を学んだ。

(全文を表示…)

2014年3月31日(月) 09:00 [社会・全般]

「肥満がリスク高める」/豊見城中央病院

心疾患の予防法紹介/宮古で市民公開講座


講演を熱心に聞く来場者たち=30日、市中央公民館大ホール

講演を熱心に聞く来場者たち=30日、市中央公民館大ホール

 豊見城中央病院(豊見城市)による市民公開講座「心臓治療最前線 心臓の病気」が30日、市中央公民館大ホールで開かれた。同病院の新崎修循環器内科部長、山内昭彦心臓血管外科部長、嶺井陽心臓リハビリテーション指導士・理学療法士が心臓病の治療や再発予防などについて講演を行った。

(全文を表示…)

2014年3月31日(月) 09:00 [教育・文化]

小さい春みつけた/春休み親子俳句吟行会

指折り数え「五・七・五」/仲座さんら5人が特選


「五・七・五」。指折り数えて俳句を詠む子供たち=30日、カママ嶺公園

「五・七・五」。指折り数えて俳句を詠む子供たち=30日、カママ嶺公園

 2014春休み親子俳句吟行会(主催・宮古ジュニア俳句育成会)が30日、平良のカママ嶺公園や市働く女性の家(ゆいみなぁ)で行われ、25人の子供が思い思いの俳句を詠んで日本文化に触れた。「円虹」主宰の山田佳乃さんが審査し、仲座望さん(宮高2年)ら5人が特選に輝いた。

(全文を表示…)

2014年3月31日(月) 09:00 [社会・全般]

琉球文化生かしケアを/看護大宮古島教室

高齢者ケア研記念講演


沖縄の高齢者ケアについて学ぶ参加者=30日、県立看護大

沖縄の高齢者ケアについて学ぶ参加者=30日、県立看護大

 沖縄高齢者ケア研究会記念講演(主催・県立看護大学)が30日、同大学と同大宮古島教室(県立宮古病院内)をインターネットで結び、同大学の野口美和子元学長を講師に迎えて行われた。宮古島教室には看護師や高齢者介護に携わる関係者ら約10人が参加し、高齢者介護の現状などについて学んだ。同講演は沖縄高齢者研究会設立を記念して「豊かな琉球文化としての高齢者ケア発見」と題して行われた。

(全文を表示…)

2014年3月31日(月) 08:55 [人生雑感]

「悲しみは、人の心に優しさを与え、人を魅力ある人格者に育てる」

沖縄国際大学名誉教授 福里盛雄


1 人の優しさと人格はその人の心の悲しみがつくり出す


 小林一茶は、「やせがえる負けるな一茶これにあり」。「われと来て遊べや親のないすずめ」の俳句を残した江戸後期の有名な俳人である。彼は、俳人として名を後世の人々に知られる反面、不幸で孤独な悲しみの人であったと言えるのではないでしょうか。彼は農家の長男として生まれましたが、3歳のとき、母親が死去し、14歳のとき、最愛の祖母とも死別する。15歳で江戸に出て俳句を始めました。50歳で故郷に帰り結婚し、4人の子供をつくるが、生まれた4人の子と妻も死去します。62歳で再婚するが離婚、64歳で3度目の結婚をするが、翌年大火災で自宅が類焼し、焼け残りの蔵で仮住居をします。そして、まもなく65歳で死亡しました(三浦綾子「100の希望155頁」参照)。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年12月1日現在

    宮古島市 54,792 人
    27,602 人
    27,192 人
    世帯数 27,848 軒
    多良間村 1,127 人
    604 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2014年3月
    « 2月   4月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2