08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2010年5月22日(土)16:27

米海兵隊普天間基地の移設問題

米海兵隊普天間基地の移設問題がこれほど大きくしかも連日のように県外メディアや他府県民に受け止められたことがあっただろうか。県民ならば誰もが「無かった」と即答するにちがいない。
 

▼ 県民が総立ちになって抗議する在沖米軍兵士の事件事故にしても本土メディアの多くは〝一過性〟の出来事扱いの報道に終始していると本土在住の県出身者は指摘する。火の粉がわが身に降りかからなければ対岸の火事なのである
 
▼太田昌秀元沖縄県知事は「日米安全保障条約が国民の生命財産を守るため不可欠というのなら(米基地)は日本全国で負担すべきだ」「普天間移設案が出ると(本土移設先の)市町村長や知事は反対というが県民は60年以上も反対してきた」
 
▼「にもかかわらず沖縄には押しつけてくる」「極めて不当なやり方で明白に沖縄を差別している」と鋭く言及している(4月30日付「琉球新報」)
 
▼昨今NHKや県外民放のテレビ等は沖縄問題を繰り返し取り上げているがその多くは鳩山首相の言動に絡めた普天間報道であり米軍基地あるがゆえに強いられている県民の深刻な負担や犠牲に対する視点は乏しい
 
▼ところで他国の軍隊保持のため自国民に土地(基地)も金(思いやり予算/税金)も過重に負担させながら相手国に毅然と物言いできない政権党の閣僚たち。政権交代の力量は国境が限度ということか。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!