08/15
2022
Mon
旧暦:7月18日 赤口 庚 
社会・全般
2010年5月29日(土)17:32

第14回平良好児賞受賞 森田 たもつさん(50歳)

第14回平良好児賞受賞 森田 たもつさん(50歳)
第14回平良好児賞受賞 森田 たもつさん(50歳)

若者たちの刺激に
 授賞式のあいさつで「細く長く書いていきたい。それが宮古島に文学という根を広げることにつながると思う」と抱負を語った。現在、宮古島を題材にした長編小説を構想中。「現代社会をテーマに普遍的なものを盛り込んでいきたい。文学を目指す宮古島の若者たちの刺激になれば」        受賞作の「蓬莱の彼方」には4編の短編小説が収められている。うち3編は県内文学賞の受賞作品だ。 
 小説を書き始めたのは5年ほど前。自分の力を試してみようと応募したのが次々と文学賞に輝いた。「応募したのが全部賞につながったのではない。落ちたのもたくさんありますよ」
 歯科医のかたわら暇を見つけては小説を書いている。書くのはもっぱら朝と夕のそれぞれ30分間。集中できる時間はそれぐらいという。
 
 「小説が書けるというのは、何か授かり物という感じがする。そんな気持ちを大事に、ゆっくりと長く書いていきたい」と話す。
 書くスタイルは、出だしで場所や時間を数枚で切り取り、次はラストシーンに向かう。「後は間を埋めていけばいいが、これが思った通りに行かない場合が多い。それも小説を書く楽しみの一つ」
 
 本は冒険小説や歴史、エッセーなど何でも読むが、人と人が織りなすドラマが一番好きだ。「宮古のようでいて宮古ではない。限定した場所や雰囲気ではなく、幅広い地域で読めるような、そういった小説を書いていきたい」

森田たもつ(もりたたもつ、本名・森田保) 1959(昭和34)年生まれ。50歳。平良出身。宮高、奥羽大学歯学部卒。歯科医師。家族は妻と娘2人。平良西里在。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!