08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2010年8月15日(日)13:50

垣花 優子さん(51歳)合同会社「かたあき」 代表 城辺字福里

垣花 優子さん(51歳)合同会社「かたあき」 代表 城辺字福里

垣花 優子さん(51歳)合同会社「かたあき」 代表 城辺字福里

「多くの人に愛される里に」 
 赤瓦の屋根、琉球石灰岩の石垣、松林…。中世の町並みにタイプスリップしたかのような「かたあきの里」。熱帯植物園南隣にある生活体験滞在型の施設が7月からオープンした。
 代表を務める垣花さんは「昔のおばあやーの雰囲気を感じ取ってくれたら幸い。観光客に限らず地元の人たちにも利用してほしい」と話す。
  
 国内の木造住宅を見直そうと国交省が手掛けた経済対策で、超長期住宅先導的モデル事業の補助事業を活用して建設された。5344平方㍍の敷地内に、管理棟を含め7棟が建つ。すべて木造で山形県の樹齢85年の金山杉を使用、屋根の赤瓦は沖縄本島から取り寄せた。通気性や遮熱性に優れ、夏は涼しく、冬は暖かい造りとなっている。
 
 垣花さんにとっては大きな転機だった。「昨年、夫の義理の兄弟から今度の話があり、とてもやりがいのある話とは思ったが、これまで長年勤めた会社を辞めなければならず、勇気が要った。いろんな方たちの思い入れがあって今日に及んでいる。社名の『かたあき』は宮古の方言で役割や義務の意味がある。私のカタアキは、きちんと運営していくこと。この里がみんなに愛される場所になるよう努力したい」と意欲的。
 
 住宅は、台風とシロアリに対応できるような構造になっている。屋根裏はなく、そのまま見える現しの天井で、通気が循環して外に出るような配慮。また、全体にカギのついた網戸を設け、夜でも雨戸を開けて眠れるような造り。暴風対策も万全。4人宿泊の小タイプ、8人用の中タイプ、12人用の大タイプがある。それぞれに、一番座、二番座、裏座を取り入れている。
 建物に入ると、木の香りが漂い、ひんやりとした心地よさがある。宮古らしい観光施設が少ないという発想から生まれた宿泊施設。「オープンから一月。施設はほとんどふさがった。中でも夏休みを利用して地元のお客さんが身内18人で宿泊してくださったことが嬉しい。今のところ休みもないが、家族がみんなで応援してくれるので頑張れる。楽しみながら続けようと思っている」と表情も明るい。
 
垣花 優子(かきはな ゆうこ)1958年12月3日、下地字上地に生まれる。宮古高校を卒業後、沖縄本島で生活、城辺出身の夫・敏充さんと結婚して宮古に戻る。「多良川酒造」で13年勤務、2009年12月で退社、「かたあき」の代表に。敏充さんとの間に1男2女。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!