08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
産業・経済 社会・全般
2010年8月14日(土)15:18

キビの夏植えに奮闘/伊良部

キビの夏植えに奮闘する参加者ら

キビの夏植えに奮闘する参加者ら

本土からボランティア援農隊
 本土の大学生や社会人のボランティアが自由に参加する援農隊が13日、伊良部佐和田地区の畑でサトウキビの夏植えに奮闘した。参加者らは苗1本1本に豊作の願いを込めて丁寧に植え付けた。

 

 佐和田に住む佐和田涼子さんが援農隊を受け入れて、今年で10年。今年の参加者22人を含めると延べ100人が、佐和田さん宅で宿泊し、キビの夏植え作業に汗を流した。
 今年の参加者は慶応大13人と同大OB3人、静岡大5人、国際医学福祉大1人。学生の中にはボランティア活動を終え、帰った人もいる。

 
 この日、植え付け作業に精を出した慶応大3年の河田康佑さんは「今年で3年目の参加。暑いが、キビの夏植えは楽しい。来年も参加したい」と額の大粒の汗をぬぐった。

 
 同大OBで大手企業に勤める坪井彩香さんは「2年目の参加だが、キビを作ることには楽しみがある。学生時代の思い出がよみがえり、あのころが懐かしい」と語り、かぶっている麦わら帽子を持ち上げて額の汗をふいた。

 
 佐和田さんは「今年の参加者は、やる気満々の表情が見える。素晴らしい成果を上げている」とたたえた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!