08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
社会・全般
2010年10月13日(水)16:54

砂川博紀(ひろき)さん(25歳)/宮古農林水産振興センター農林水産整備課

砂川博紀(ひろき)さん(25歳)/宮古農林水産振興センター農林水産整備課

砂川博紀(ひろき)さん(25歳)/宮古農林水産振興センター農林水産整備課

より良い生活のため
 去年まで沖縄本島の県庁で非常勤をしていたが、宮古島での仕事の機会を見つけ、帰ってきた博紀さん。
 「県民のよりよい生活のため」を目標に、県の職員を目指している博紀さんは、「その前に故郷に帰って貢献したかった」という。
 今は、楽しい仲間たちに囲まれ、宮古をより良くするため、畑へ出向き、スプリンクラーの設置や用地の取得交渉などをしている。
 「農家の方と直接接し、意見を聞く。例えば設置が完了してオーケーがでたり、『待ってました!』と感謝されると、達成感を感じる」と、人当たりの良さを生かし、業務に当たっている。
 久高土地改良班長は、「自己コントロールが必要なので、交渉は難しいが、若いながらも立派に業務を遂行している。今後も経験を積んで、自己を磨いてほしい」と期待している。
 ▽プロフィル・平良字下里出身。1985(昭和60)年3月21日生まれ。

カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!