08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済 社会・全般
2010年10月16日(土)9:00

ゴーヤーを初出荷/2010年期作

初日150㌔を東京へ

今期作ゴーヤーの出荷に当たり共選作業が行われた=15日、JA集荷場

今期作ゴーヤーの出荷に当たり共選作業が行われた=15日、JA集荷場

 2010年期作ゴーヤーの出荷が15日、スタートした。初日は約150㌔を東京の市場に向けて空路で輸送した。当面の予想販売単価はキロ当たり500~600円。ゴーヤーの出荷は来年6月まで続き、同3~4月に出荷のピークを迎える。
 初日は4戸の農家が平良にあるJA集荷場に訪れ、青々と実ったゴーヤーを搬入、大きさや形を選り分ける共選にかけた。


 JAによると、今期のゴーヤー栽培農家は約90戸で総出荷量は計550㌧が目標。来週いっぱいは週3回程度出荷し、それ以降は集荷場への搬入量に応じてペースを上げる。

 今月中は平良の集荷場のみで対応し、来月からは4地区の集荷場で共選を行う。
 出荷初日の集荷場では、共選する作業員たちが搬入されたゴーヤーを丁寧に選別し、出荷用の箱に詰める作業で汗を流した。
 この日一番乗りで搬入した上野地区の農家は「例年よりも1カ月早めに定植して栽培したが出来は良い」と笑顔で話していた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!