08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済 社会・全般
2010年11月25日(木)9:00

川満さんが総理大臣賞/農林水産祭

キビ農家では初の快挙


妻ヨシさんとともに総理大臣賞受賞の報告を行った川満さん(前列中央)=24日、県庁副知事応接室

妻ヨシさんとともに総理大臣賞受賞の報告を行った川満さん(前列中央)=24日、県庁副知事応接室

 【那覇支社】2010年度農林水産祭で、川満長英さん(宮古島市上野)が県内サトウキビ農家では初の内閣総理大臣賞を受賞し24日、妻ヨシさんを伴って県庁に安里カツ子副知事を訪れ、受賞の報告を行った。川満さんは09年産サトウキビで夏植えの反収21・5㌧、糖度16・4度を記録し、県サトウキビ競作会でトップの成績を収めていた。川満さんの快挙に安里副知事、比嘉俊昭県農水部長らは称賛の言葉を贈り受賞を喜んだ。


 川満さんの総理大臣賞受賞は、下大豆を利用した土づくりを積極的に進め、植え付け後の肥培管理を徹底したことにより、毎年、地域の平均反収以上の成績を上げており、09年産夏植えでは、県内トップの反収21・5㌧/10㌃、糖度16・4度を記録した。その他、プラソイラーを用いて深耕度を向上させ、倒伏防止や肥料養分の吸収を高めるなどの改善が高く評価された。

 また、地域の中高生や県外大学生の体験学習受け入れや、新規就農者の技術指導を行うなど、地域農業へ大きく貢献したことが受賞理由となっている。

 受賞報告を受けた安里副知事は「土づくりから、ここまで来られたことは、他のサトウキビ生産農家の励みになる。また、体験学習の受け入れも積極的だと聞いており、心から敬意を表したい」と述べ、川満さんの受賞を喜んだ。

 川満さんは「島内外の生産者、関係者の指導や協力のおかげで総理大臣賞を頂くことができた。製糖会社に41年勤務したが、その間、畑をしっかり守ってくれた妻に感謝したい。宮古島産年間38㌧の収量を増産させるため、地域一丸となって取り組みたい」と受賞の喜びと抱負を述べた。

 受賞式は23日に東京の明治神宮会館で行われ、鹿野道彦農水大臣らが出席し、宮古島市の農業関係者もともに式典に出席したという。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!