08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済 社会・全般
2010年12月10日(金)9:00

総販売額は23億4600万円/2010年肉用牛競り

前年を8100万円上回る


前月を1万5000円上回る相場展開となった12月競り=9日、JAおきなわ宮古家畜市場

前月を1万5000円上回る相場展開となった12月競り=9日、JAおきなわ宮古家畜市場

 宮古と多良間を合わせた2010年の肉用牛競り販売額(子牛、成牛計)は前年を8105万円上回る23億4682万円となった。宮古が19億3914万円、多良間が4億767万円。1頭平均価格は31万8400円と同比2万8600円上げた。今年は宮崎県で口蹄疫が終息した秋以降、価格回復が続き不景気に伴う低迷にあえいだ昨年を上回った。


 JAのまとめによると、宮古の競りでは前年より301頭少ない6044頭が競り落とされた。

 1頭平均価格は、前年比2万4579円高の32万839円。性別の1頭平均価格は去勢が37万1893円(同比1万3809円高)、雌が26万2934円(同比3万4957円高)となった。平均キロ単価は1160円と、同比87円上げた。

 多良間の取引成立頭数は、前年比5頭減の1468頭。1頭平均価格は27万7706円で、前年比1万5657円上げた。性別の1頭平均価格は去勢が32万3396円(同比6132円安)、雌が22万3137円(同比1万5254円高)となった。平均キロ単価は、同比81円高の1136円だった。
 今年は宮崎県での口蹄疫発生を受け5、6月の競りが中止。7月に2回の臨時競りが開かれ、8月から正常化した。

 80日ぶりに再開した宮古の第1回臨時競り(7月8日)の1頭平均価格は30万9000円と前回(4月)と比べ、4万3000円の下落。宮崎県の購買者が参加した9月から持ち直し、12月まで4カ月連続で上げた。

 子牛の1頭平均価格は宮古が33万3940円(前年比2万1011円高)、多良間が万1852円(同1万6969円高)となった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!