08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
イベント 教育・文化 社会・全般
2011年2月28日(月)9:00

工作や舞台発表など多彩/放課後子ども教室まつり

宮古出身琉大生も初参加


子どもたちの人気を集めた琉大のコーナー=27日、市中央公民館

子どもたちの人気を集めた琉大のコーナー=27日、市中央公民館

 2010年度の市放課後子ども教室まつり(主催・市教育委員会)が27日、市中央公民館で開催された。内容は工作や舞台発表、遊び、宮古出身琉大生との交流など多彩。会場は教室関係者や父母、子どもたちの参加でにぎわった。


 琉大グループは、学生9人と教授ら4人の計13人。同大学が、創設した「知のふるさと納税」(恩返し納税)事業を活用し、初参加となった。

 琉大のコーナーには、子どもたちが長蛇の列。イヌやウサギ、キリンなどのバルーンアートを作ってもらい、ご機嫌だった。

 大気の実験や特殊な装置でのケーキづくり、アメフト体験も人気を集めた。
 狩俣小の教室では、先輩の平良新伝さんが、「ススキのほうきづくり」を手ほどき。

 久松小は「春のクラフト」、平良第一小は「キラキラゆびわ」、佐良浜小は「ループタイ」、来間小は「イモのでんぷんのり」、北小は「おもちゃ」-づくりにそれぞれ挑戦した。

 ペットボトルを魚に見立てた西辺小の「釣り遊び」も人気。子どもたちは「6匹釣ったよ」などと喜んでいた。

 舞台発表は宮原小(三線演奏)、南小(大型紙芝居)、宮島小(クイチャー)の3校が行った。

 放課後子ども教室まつりは、各教室が連携を図り、子どもたちを地域で育てるネットワークづくりに寄与する目的で開催している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!