08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年4月5日(火)9:00

復興へ、支援の輪広がる/ゆいま~るバザー

売上金を被災者へ


東日本大震災被災者支援を目的に開催されたバザー=3日、荷川取漁港内ステージ広場

東日本大震災被災者支援を目的に開催されたバザー=3日、荷川取漁港内ステージ広場

 東日本大震災被災者への義援金を募るためのチャリティーバザー「ゆいま~るバザー」が3日午前10時から午後6時まで、荷川取漁港内ステージ広場で開かれた。家庭で使わなくなったものやハンドメード商品、開催趣旨に賛同した個人や事業所から寄せられたさまざまな商品が販売された。


 このチャリティーバザーは、販売収益だけでなく売上金の全額を義援金として寄付することを目的に開催された。企画をしたのは、被災地である仙台出身の鴫原啓さんと知人の清家美奈さん。募金だけでなくもっと支援に協力したいとの思いから、多くの人に協力を呼び掛け開催した。鴫原さんは「何かをしたいが、何をしたらいいのか分からないという人は少なくない。バザーであれば買うことが寄付となり、被災者のためになる。大きな額にはならないかもしれないが、少しでも役に立てればと企画した」と開催趣旨を説明した。

 実際の出店者は5組ほどだったが、多くの個人や事業所が洋服やアクセサリー、ポストカードなどの商品を無償で提供した。自宅で使わなくなった洋服や食器などを出品した今井未知さん=平良字西里=は「不要品を捨てるのではなく、使ってくれる人に買ってもらって、それが寄付につながるのなら良いと思い参加した」と語った。

 支援の輪が広がったことについて鴫原さんは「同じ気持ちの人がたくさんいてくれたことをうれしく思う。またやってほしと言ってくれた人もいたので、第2回開催も検討したい」との思いを述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!