08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
政治・行政 社会・全般
2011年6月9日(木)9:00

受診率が低下/乳、子宮がん

無料券利用率も大幅減


 宮古島市福祉保健部健康増進課によると2010年度の婦人検診で乳がん(マンモグラフィー)と子宮がんの受診率が両方とも前年度を下回り、特に子宮がん検診は2年連続低下、ここ数年上昇していた乳がん検診も前年度比1・6ポイント低下した。さらに、09年度からスタートした女性特有のがん検診推進事業による無料クーポン券の利用率も10年度は対前年度比で大幅に低下。同課では「検診を受けることは現在の自分の体を知ること。健康な生活を送るためにもぜひ、検診を受けてほしい。特に無料クーポン対象者は費用もかからないので積極的に受診してほしい」と呼び掛けた。


 無料クーポン券が発行された09年度は乳がん検診の受診率が対前年度比で3・2ポイント大きく伸びて受診率は30%を超えたが、10年度は1・6ポイント低下した。

 子宮がん検診の受診率は無料クーポン券の発行で上昇が期待されたが、2年連続で低下している。

 この無料クーポン券は、女性特有のがんに対する正しい意識の普及・啓発を目的に導入。国の方針に基づく事業で費用は全額、国と市で負担し、利用者の負担はない。

 クーポン券が発行されるのは市に住民登録している女性で、子宮がん検診は4月1日現在で20、25、30、35、40歳、乳がん検診は40、45、50、55、60歳の人が対象。

 対象者は、子宮がんの検診料600円と乳がんの検診料1000円が無料となる。

 09年度のクーポン券利用率は子宮がんが22・2%(県平均17・8%)、乳がんが22・5%(同19・8%)で両方とも県平均を上回っていた。

 しかし、10年度は子宮がんが16・1%、乳がんが16・2%となり、09年度の県平均を下回った。

 同課では「女性特有のがんは早期発見しやすく、早めに治療につなげることで治る。しかし、早期のがんは症状が出ないので検診を受けることが大切」と訴えている。

 乳がん、子宮がんの集団検診は、10月18日から11月11日まで実施される。乳がん検診に限っては11月上旬から2月末まで行われる個別検診(指定医療機関で実施)でも受診できる。

 また、クーポン券は今月中に対象者に発送され、クーポン券対象者は7月1日から来年1月31日まで間に集団検診、個別検診のどちらででも受診できる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!