08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2011年11月6日(日)9:00

國仲さんに東久邇宮文化褒賞/点字方式ごみ袋ワンタッチ開口

視覚障害を乗り越え発明


賞状を手に喜びの國仲さん=5日、平良東仲宗根の自宅

賞状を手に喜びの國仲さん=5日、平良東仲宗根の自宅

 視覚障害を乗り越えて発明を成し遂げた國仲智江子さん(48)=平良東仲宗根=が、その実績と心意気を認められ「東久邇宮文化褒賞」を受賞した。「受賞の知らせを受けた時は、びっくりした。戸惑いもあったが、これまでの頑張りが認められたと思って、ありがたくいただくことにした。私の受賞は、ほかの障害者の励みにもなると思う」と喜びを語った。


 國仲さんは、2006年から視力が低下した。その中で、視覚障害者でも指先で触れれば開け口がすぐに分かる点字方式の「ロール巻きビニール袋(ごみ袋等)のワンタッチ開口」を考案。このアイデアは開け口を見付けにくくなった実体験から、ひらめいたという。同作品は06年の2月、知的所有権(著作権)を獲得した。

 文化褒賞は、親しく付き合っている占い師の高橋一暢さんが推薦。受賞の知らせは、10月上旬に届いた。今月3日に東京都で行われた表彰式には高橋さんが代理出席し、5日に大きな賞状が届いた。受賞祝賀会を10日に、市内のホテルで開く。
 國仲さんは、01年の宮古民謡コンクールで最高賞に輝くなど、民謡の分野にも造詣が深い。「今後も著作権を始め、民謡などやれることはいろいろやりたい」と意欲を燃やしている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!