09/28
2022
Wed
旧暦:9月3日 大安 甲 
社会・全般
2014年5月18日(日)9:00

野草料理を伝授/いけまシマ学校

島のおばあが子どもたちに


お年寄りたちに教わりながら野草を採取した子どもたち=17日、池間島

お年寄りたちに教わりながら野草を採取した子どもたち=17日、池間島

 池間島の子どもたちが17日、島のお年寄りに教わりながら食べられる野草を採取し、昔ながらのジューシーや和え物を作って食べた。「いけまシマ学校」と名付けた活動は4月の「フキャギ作り」に次いで2回目。NPO法人いけま福祉支援センター(前泊博美理事長)が主催した。
 「池間シマ学校」は島の高齢者の生活の知恵を、次世代に引き継ぐ目的で開催している。

 シマ学校にはおばあさん13人と、子ども約20人が参加した。採取した野草はアキノノゲシ(方言名・トゥナラ)、ヨモギ、ツルナ(通称・海のホウレンソウ)、ボタンボーフウ(通称・長命草、池間島の方言名・ワーガマジュー)、ノビルなど多彩。おばあさんたちは「島の野草を食べると、健康で頭が良くなるよ」と子どもたちに話していた。

 平良百合菜さん(池間小2年)は「島に食べられる植物がたくさんあるとは知らなかった。おばあさんたちの料理が楽しみ」と昼食が待ち遠しそうだった。

 佐久本清子さんは「長命草は(肉の付いた)豚の骨と煮込んで食べた」と昔の料理を紹介。与那嶺ヒデさんは「ノビルを入れたジューシーは香りが良く、おいしかった。何もなかった時代は近くの野草を料理に利用した。現在はぜいたくになり、取らなくなった」と昔と現在の食生活を比較した。

 野草は集落内で採取し、昼食は池間島離島振興総合センターで作った。子どもたちは取れ立ての野草を食材にしたおいしくて香ばしい伝統料理に歓声を上げていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!