11/30
2022
Wed
旧暦:11月7日 大安 丁 
社会・全般
2015年6月2日(火)9:00

「大神住民の誇り」/伊佐さんの叙勲受章祝う

花束を贈呈され祝福を受ける伊佐照雄さん(右)、中央は母親のツルさん、左は妻の美恵子さん=5月31日、大神島離島振興コミュニティーセンター

花束を贈呈され祝福を受ける伊佐照雄さん(右)、中央は母親のツルさん、左は妻の美恵子さん=5月31日、大神島離島振興コミュニティーセンター

 大神島出身で元海上保安官、伊佐照雄さんの瑞宝双光章(海上保安功労)受章祝賀会(大神自治会主催)が5月31日、伊佐さんの出身地である大神島で行われた。全住民約25人と、小中高の同級生、関係者ら大勢が集まり、島で初めてという叙勲受章を盛大に祝った。出席者は「小さな大神島から大きな賞に輝いた伊佐さんは、島の鏡であり住民の誇り」と祝福した。

 海上保安官になろうとしたのは「気象台で2年間勤務した時に培ったモールス通信技術を船舶の遭難通信に生かそうと思った」のがきっかけ。

 1974年に第11管区海上保安本部に採用され、石垣、宮古などの保安署通信課や巡視船で通信業務に従事した。2010年に本部巡視船「くだか」で定年退職。勤続年数約40年。

 自治会長の久貝愛子さんはあいさつで「私たちが毎日、安心、安全な生活を送れるのも伊佐さんのような方々の日々の努力と活躍のおかげだと改めて感じる。長年積み重ねてきた豊富な経験と知識を生かして、後輩たちの育成や地域社会の発展に貢献してほしい」と話した。

 これに対し伊佐さんは、海上保安官を目指した経緯やさまざまな人たちの助言や後押し、任務を帯びた業務の内容などを紹介し「これまで支えてくれた皆さんへの感謝の気持ちでいっぱい。いろいろな人たちとの出会いで今の自分があると思う」と感謝と喜びのあいさつを行った。

 祝賀会では親戚や同級生らが花束を贈呈したり、大浦高儀さんによる乾杯の音頭、辺土名清志さんによる民謡ショーなどが繰り広げられ大いに盛り上がった。

 伊佐さんは故吉雄さんとツルさんの長男。この日は、母親のツルさんと、大神島出身の妻美恵子さんも出席した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!