10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
イベント 社会・全般
2015年8月4日(火)9:07

伝統・クイチャーにぎやかに/城辺ふれあいまつり盛況

「青年団歌・応援歌」初披露


舞台では各地区の伝統芸能が披露され、来場者を楽しませた=2日、城辺公民館

舞台では各地区の伝統芸能が披露され、来場者を楽しませた=2日、城辺公民館

 第6回城辺ふれあいまつり(主催・城辺地区地域づくり協議会)が2日、城辺公民館で開催された。会場には多くの地域住民や市民が来場し、クイチャーや獅子舞といった地域の伝統芸能に触れるとともに、のど自慢大会、サムイ大会などいろいろな催しを楽しんだ。

 この祭りは、城辺地域の伝統芸能を継承するとともに、地域の連帯強化と活性化を図るために毎年開催されている。

 開会セレモニーは、福里保育所園児の旧城辺町歌斉唱で幕開け。主催者あいさつでは、饒平名建次会長が「今年は伊良部大橋開通記念で伊良部島の特産品コーナーを設けたほか、昭和初期時代の懐かしい『部落会青年団歌・応援歌』の演舞など多彩な催しを準備しているので楽しい時間を過ごしてほしい」と来場者に呼び掛けた。

 そのほかにも、友利獅子舞保存会が「友利の獅子舞」を披露し、関係者のテープカットでまつりはスタートした。

 午前中は保育所のおゆうぎ会や婦人会の踊り、じゃんけん大会などが行われ、午後からは今回初開催となる「部落会青年団歌・応援歌」のほか、伝統芸能発表会、シンガー・ソングライターの神銅アキさんによるふれあいコンサート、サムイ大会などが行われた。

 青年団応援歌では、西中、比嘉、友利、上区がそれぞれの地域で歌い継がれた応援歌を披露。会場に詰め掛けたお年寄りたちは、一緒に歌いながら青春時代を思い出していた。

 そのほか、会場周辺では農産物加工品の即売や苗木の無料配布、警察展、そばやかき氷の早食い大会などが行われ、多くの人出でにぎわっていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!