10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
社会・全般
2016年9月13日(火)9:05

歩道、下水道の整備を/西里通り

商店街振興組合 街づくり事業を県に要請


浦崎唯昭副知事(中央)に要請文を提出する西里大通り商店街振興組合の羽地昇子理事長(左から2人目)=12日、県庁

浦崎唯昭副知事(中央)に要請文を提出する西里大通り商店街振興組合の羽地昇子理事長(左から2人目)=12日、県庁

 【那覇支社】西里大通り商店街振興組合の羽地昇子理事長は12日、県庁に浦崎唯昭副知事を訪ね、西里通りに歩道を設置することや地区開発などを柱とする道路整備事業・街づくり事業について翁長雄志知事への要請文を手渡した。



 要請文では、西里通りが大型スーパー進出などの影響で賑わいを失っていることや、歩道や下水道の整備も遅れていることを強調。その上で、宮古の地域特性を活かしつつ商店街を活性化させたいとした。


 具体的には①西里通りは幅5㍍の車道と幅2㍍の歩道を備えたコミュニティー道路とすること②下水道の整備と電線地中化③地区開発や諸改修などを行う魅力ある街づくりを要望した。


 浦崎副知事は、「電線地中化は県の大きな柱なので進めていると思う。下水道の整備も問題ないのではないか」と応じた。また、同席した県の宮城理土木建築部長は「コミュニティー道路の必要性は認識しているが、道路だけの整備は費用対効果などを考えると難しい。要請の③のように(西里通りの開発を)面的にどう進めれば事業性が高いのか、街づくりにとって一番良いのか検討をお願いしたい」と述べた。


 その上で宮城部長は、「道路だけでなく建物を含めた開発手法として地区計画を立てるのか、区画整理事業でやるのかなども議論してほしい」と、より具体的な検討を求めた。


 羽地理事長は要請後、記者団に対し、「テーマパークのような商店街を作りたいと考えている。県や国の力も借りていきたい」と話していた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!