11/26
2021
Fri
旧暦:10月22日 先勝 戊 
社会・全般
2017年12月26日(火)8:57

「すす払い」で新年の準備/宮古神社

1年間のほこりを払う


1年間のほこりを払い新年に備える神事「すす払い」=25日、宮古神社

1年間のほこりを払い新年に備える神事「すす払い」=25日、宮古神社

 宮古神社は25日、社殿にたまった1年間のほこりを払い落として新年を迎える準備を行った。

 年末に社殿を大掃除し、新年に向けて清める恒例の「すす払い」で、年の瀬の風物詩になっている。

 祝詞奏上などの神事の後、忌竹(いみだけ)と呼ばれる約4㍍の葉のついた青竹を使って、神主の奥間寛次さんらが天井などにたまったほこりを払った。

 同神社では、お守りやおみくじ、絵馬などを授与(販売)するテントを設置するなど、年始の準備を進めている。

 奥間さんによると、初詣に訪れる人は天気にもよるが例年7000人~8000人で、正月三が日では1万5000人が参拝するという。

 初詣では参拝者にぜんざいが振る舞われる予定だ。

 同神社では車で訪れる人は臨時の駐車場(市役所平良庁舎、平良港)を利用してほしいと呼び掛けている。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!