06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
行雲流水
2019年4月16日(火)8:54

【行雲流水】(第35回トライアスロン大会).

 『長い道』-走る友人たちへ(作詞、作曲高石ともや)。「人は海に生まれて/波にゆられて眠り/風の子どもになって/大地をかけめぐる/泳げあの波越えて/走れあの雲越えて/夢見たままに生きて/疲れて星になる。長い道だね/やさしい海だね/夕陽追いかけて/熱い夏だね。かけていく君は風/風は南の風さ/手をふる少女は花/花は野の花/自分で決めた道はなぜかうれしいものさ/待っている人がいれば/もっとうれしいのさ」

▼1985(昭和60)年、第1回全日本トライアスロン宮古島大会が開催された時、NHKは長時間、大会を全国に中継放送した。その際、この曲が流された

▼あれから34年、トライアスロンに挑戦する人々の心意気は変わらない。今回も、雨嵐のあとは爽やかなそよ風になった。待っている家族や親しい仲間の伴走で、疲れた体を振り絞ってゴールした時に、輝く星になった

▼今大会は4月14日に『海・風・太陽(てぃだ)熱き想い君を待つ』をテーマに、東洋一美しいと言われる与那覇前浜ビーチを舞台にスイムの3キロ、宮古島と三つの橋を巡るように島を1周するバイクの157キロ、最後はランの42・195キロ、合計202・195キロで行われた▼大会は、役員とボランティアによって、安全の確保とサービスが、十全な組織体制の下で行われた。また、沿道では大勢の市民が盛大な声援を送った。歌や踊り、音の響きも後押しした

▼この大会は、青い空と白い砂、花々で飾られた宮古一円を舞台に繰り広げられた、皆が主役の祭りであった。(空)

カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!