06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
ニュースウィークリー
2014年11月9日(日)9:05

11月2日~11月8日.

ニュースウィークリー
11月2日~11月8日

「芸術の秋」に美しい調べ/市民総合文化祭・音楽祭

 第9回宮古島市民総合文化祭音楽祭が1日、マティダ市民劇場で開催され、小中学校のブラスバンド部や音楽部、市ジュニアオーケストラに所属し練習に励む児童生徒たちが、日ごろの練習成果を披露した。音楽祭には10団体計430人が出演した。(11月2日掲載)

男子平良が逆転優勝/全宮古中学校駅伝

 全宮古中学校駅伝競走大会が1日、市陸上競技場を発着点とするコースで行われた。男子は5区まで独走状態だった西城に、6区残り2㌔付近で平良が並ぶとそのまま引き離し、逆転で優勝を勝ち取った。女子は2連覇中の久松が優勝した。(11月2日掲載)

クイチャーの魅力発信/29団体が出演

 第13回クイチャーフェスティバル(主催・実行委員会)が2日、平良のカママ嶺公園多目的広場で行われた。伝統クイチャーの部に12団体、創作クイチャーの部に11団体、伝統・芸能の部に3団体など計29団体、個人が出演。子どもからお年寄りまでが地域に伝わるクイチャーを踊り、その魅力を内外に発信した。(11月4日掲載)

宮古では仲間さん、砂川さんに栄誉/2014年秋の叙勲

 政府は3日付で2014年秋の叙勲受章者を発表した。全国では旭日章895人、瑞宝章3134人の計4029人(うち女性は370人)で、県関係者は43人が受章の栄誉に輝いた。宮古からは元城辺町長の仲間克さん(75)が旭日小綬章(地方自治功労)を、元砂川中学校長の砂川和之さん(82)が瑞宝双光章(教育功労)を受章した。(11月4日掲載)

上位入賞願い壮行会/県畜産共進会へ7頭

 7、8の両日、糸満市にある南部家畜市場で開かれる第回県畜産共進会の種畜部門に宮古地区代表牛として出品される7頭の壮行会が4日、平良港第2埠頭で行われた。畜産関係者が参加し、上位入賞を願った。(11月5日掲載)

亀濱さん九州3冠/マスターズ陸上

 第31回九州マスターズ陸上競技選手権沖縄大会が2日、糸満市の西崎陸上競技場で行われ、宮古島市の亀濱敏夫さん(89)が男子の部M85(85~89歳)の400㍍、800㍍、1500㍍の3種目で優勝し、九州3冠を達成した。亀濱さんは全九州制覇に「特に勝敗にはこだわらないが、1位はやっぱりうれしいね」と笑顔で喜びを語った。(11月5日掲載)

降水量9、10月 平年の半分以下/キビへの影響、深刻

 少雨傾向が続く宮古島地方でサトウキビへの被害が深刻になっている。宮古島地方気象台では今後しばらくはまとまった雨は見込めないとみており、被害の拡大が懸念されている。気象台によると今年9月、10月の降水量は各観測地点とも平年に比べ半分以下。(11月6日掲載)

赤嶺53㌔級優勝、玉那覇63㌔級制す/重量挙げ新人大会

 重量挙げの県高校新人大会は1、2の両日、糸満高校体育館で行われ、女子53㌔級で宮高2年の赤嶺桃香がトータル118㌔を挙げて優勝、63㌔級では宮総実1年の玉那覇留以がトータル118㌔で制した。宮高女子は団体戦でも2位に入った。(11月7日掲載)

未だ干上がったまま/大野山林の池

 平良の大野山林内で野鳥の水飲み場の目的で整備された3カ所の人工貯水池が昨夏の長期干ばつなどの影響で干上がっているとして、宮古野鳥の会など5団体が、今年1月に下地敏彦市長に対策を要請した。しかし、10カ月経った現在でもそのままの状況となっており、要請した団体からは「早期に対策を図らなければ、再生は不可能になる」と危機感を募らせている。(11月7日掲載)

未収金2億6000万円/宮古病院


 宮古病院は7日、個人医療費分未収金額が2014年9月末現在で2億5960万円に上ることを公表した。前年同時期に比べて1・4%改善しているが、12年以降2億5000万~2億6000万円の間で推移する厳しい状況が続いている。(11月8日掲載)

荷川取さん優秀賞W受賞/県畜産共進会

 県内各地区から選抜された優秀な家畜を品評する第40回県畜産共進会の種畜部門が7日、糸満市の南部家畜セリ市場で開幕した。宮古地区代表で出品した肉用牛7頭のうち、荷川取広明さん(46)=下地字高千穂=所有の若雌第2類のみく号、成雌第1類のえんじぇる号が、それぞれ優秀賞(3席)に選ばれた。(11月8日掲載)

カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!