07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
ニュースウィークリー
2016年10月2日(日)9:01

【ニュースウィークリー】9月25日~10月1日.

陸自配備問題反対派が多数/千代田部落会が常会

 上野の千代田カントリークラブへの陸上自衛隊配備計画について賛否を問う千代田部落会(根間啓次会長)の臨時常会が23日夜、同部落公民館で開催され、32世帯中18世帯が反対の意思を示した。賛成は4世帯で、10世帯が「棄権」した。(9月25日掲載)

最優秀賞に池田健吉さん/高齢者交通安全意見発表

 高齢者交通安全意見発表大会が24日、平良老人福祉センターで行われ、5人の発表者が交通事故のない明るい社会の実現を訴えた。最優秀賞は平良地区の池田健吉さん(72)。高齢者は、自分自身が思っている以上に交通事故に遭うリスクが高いと主張し、「気持ちを新たに交通法令をしっかり守ろう」と訴えた。(9月25日掲載)

岸本氏を候補者に/市長選で野党勢力決定

 来年1月の市長選挙に向けて、翁長雄志県政と連携し「オール沖縄」を掲げる野党勢力の候補者選考委員会は25日、宮古教育会館で第3回委員会を開き、医師の岸本邦弘氏(55)を候補者として決定した。(9月26日掲載)

設計変更工区を集約/未来創造センター

 建設工事入札が2度不調に終わっている未来創造センター建設工事で、宮古島市は26日、設計を変更する方針を議会に示した。図書館本体部分と公民館部分および特殊工法のPC工事と鉄骨工事を1工区内に集約する。2工区では調理室や研修室を建設するが、PC工法を取りやめて在来工法で対応する。(9月27日掲載)

市長、事前の協議認める/陸自配備計画

 市議会の9月定例会は26日、一般質問4日目が行われた。宮古島市への陸自配備問題で下地敏彦市長が昨年5月に防衛副大臣が来島し、配備計画を説明する以前に沖縄防衛局側との話し合いが行われ、市側は配備地は一カ所集中ではなく、分散型とすることを求め、その候補地として千代田カントリークラブを提案していたことが分かった。仲間賴信氏の質問に答えた。(9月27日掲載)

最大瞬間は30・3㍍観測/台風17号

 大型で強い台風17号は27日、宮古島地方を一時暴風域に巻き込みながら西北西に進んだ。気象台は同日午前4時37分に暴風警報を発表した。最大風速は下地島で22・1㍍(午前4時19分)、最大瞬間風速は30・3㍍(午前9時56分)をそれぞれ観測した。(9月28日掲載)

岸本氏、市長選候補者を辞退/野党 選考振り出しか

 来年1月22日投開票の宮古島市長選挙で、翁長雄志県政と連携し「オール沖縄」を掲げる野党勢力の候補者選考委員会が候補者として決定し、擁立を打診されていた医師の岸本邦弘氏(55)は27日、宮古毎日新聞社の取材に「今回の市長選には出ない。私は出来る範囲で(市長選を)サポートしていきたい」と述べ、辞退する考えを明らかにした。(9月28日掲載)

真壁さんが最優秀受賞/中学英語スピーチコン

 第9回宮古地区中学校英語スピーチ・スキット(寸劇)コンテストが28日、県宮古合同庁舎講堂で開かれた。スピーチ、プレゼンテーション、スキットの3部門で英語による発表力などを競い合った結果、スピーチの部では平良中学校3年の真壁凜さん、プレゼンテーションの部は久松中学校チーム、スキットの部は狩俣中学校チームが最優秀賞に輝いた。(9月29日掲載)

真栄城氏が市長選出馬へ/市議会一般質問で表明

 保守系市議で前議長の真栄城徳彦氏(66)は28日、来年1月22日投開票の宮古島市長選挙に立候補する考えを明らかにした。真栄城氏は「総合庁舎建設、自衛隊問題、ごみ問題など懸案事項はいろいろあるが、それを踏まえて、市長選挙に向け広く、市民の皆さんに問いたいと決心しているところ」と述べた。(9月29日掲載)

陸自計画全容求め意見書可決/市議会本会議

 宮古島への陸自配備計画で、宮古島市議会は29日、防衛省などに計画の全容開示を求める意見書を全会一致で可決した。12月定例会開会日までに関連資料を提示するよう要求する。下地敏彦市長に同様の要請行動を促す決議案も可決。21世紀新風会と野党が賛成、与党系9人は反対したが、新保守クラブ3人と真栄城徳彦氏が賛成に回り、可決された。(9月30日掲載)

免許証自主返納者に証書/宮古島署と交通安全協

 運転免許証を自主返納した高齢者に「安全運転卒業証書」を贈る授与式が29日、宮古島警察署で行われた。大城署長と宮古島地区交通安全協会の新里孝行会長が参加者一人一人に卒業証書を手渡し、長年の交通安全の功労をたたえた。(9月30日掲載)

議員定数2減の24/議会改革特別委

 市議会の議会改革調査特別委員会は30日、市役所平良庁舎で委員会を開き、市議会議員定数を現在の26(1人欠員)から2減の24にすることを決定した。市議会12月定例会本会議で報告し、最終決定する。決定すれば来年10月予定の市議選から適用する。(10月1日掲載)

北が団体完全優勝/中体連陸上

 陸上の第54回全宮古大会は30日、市陸上競技場で行われ、学校対抗の団体戦は北が男子、女子、総合の3部門で1位となり、完全優勝を決めた。個人種目では大会新記録2、大会タイ記録1の結果だった。大会新は共通男子400㍍と同1500㍍。400㍍は北の平良琉が53秒4で優勝し、従来の大会記録を0・5秒更新した。(10月1日掲載)

カテゴリー一覧

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!