07/18
2024
Thu
旧暦:6月12日 大安 壬 
社会・全般
2021年11月19日(金)9:00

軽石、あす宮古漂着/強風影響で最速想定

保良漁港周辺など予想/海洋研究開発機構

小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火による軽石が県などに大量に漂着した問題で、海洋研究開発機構は16日、海流などによる軽石の漂流予測シミュレーションの更新版を公表した。それによると、軽石は早ければ20日に宮古島へ漂着する可能性がある。

海洋機構は、10月に公表した試算に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の衛星観測による軽石の分布や、風の影響などを加味し、12月初めまでの状況を予測した。

風の影響が強い場合の漂着が最も早く20日ごろなっている。風の影響がない場合でも26日頃に掛けて、東平安名崎や保良漁港周辺に漂着すると予想している。

前回の試算同様、実際に到達する量は不明で、海洋機構は「動きのトレンドを示すものなので、実際の観測で必要な対策を講じる必要がある」としている。

18日午後3時現在、宮古島、伊良部、池間の3漁協によると漁に出掛けている漁師たちからも、軽石を見たという情報はまだないという。

第11管区海上保安本部は17日午後3時~午後4時まで、航空機から調査を行い、宮古島の東約150㌔の海上に軽石を確認している。同保安部では「飛行ルートでは宮古島近海で、まだ大量の軽石は確認できていない」と説明しながらも、発見箇所以外の海域にも広く漂流している可能性があると警鐘をならし、船舶に対しては、軽石の早期発見・早めの回避、海水系統の不具合の早期発見、工事情報の確認を呼び掛けている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!