08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
環境・エコ 社会・全般
2021年11月21日(日)9:00

軽石、浦底にも漂着/城辺の各海岸で確認

日々増加、漁師ら危機感

 

陸揚げスロープに堆積した軽石=20日、浦底漁港

陸揚げスロープに堆積した軽石=20日、浦底漁港

小笠原諸島の海底火山の噴火による軽石が、県内に大量に漂着した問題で20日、城辺の浦底漁港などで軽石が確認された。同漁港では、漁船を陸揚げする際に利用するスロープに軽石が帯状に堆積し、防波堤の外にも10㍍ほどの円状になった軽石が漂流していた。日に日に増えつつある軽石に、漁業関係者は危機感を募らせている。

20日に軽石が確認されたのは、長北海岸、浦底海岸、新城海岸。軽石は1㌢未満の大きさで、いずれの砂浜でも帯状に残っていた。本紙記者が確認した。

第11管区海上保安本部は20日、パトロール中の航空機が浦底漁港から東平安名岬付近、同岬沖合2㌔付近でそれぞれ軽石の漂着、漂流を確認したと発表した。

海洋研究開発機構が公表した軽石漂流予測シミュレーションによると、軽石は早ければ20日に宮古島へ漂着する可能性があることが示されていた。風の影響がない場合でも日頃に掛けて、東平安名崎や保良漁港周辺に漂着すると予想していた。

浦底漁港を利用する漁師らは、20日に到着する可能性があることを新聞報道などで知り、19日までにほとんどの漁船が陸揚げ作業を済ませたという。

漁師の男性は「19日まではなかったが、きょう(20日)来てみると、軽石がたまっていた。明日どうなっているかも分からないので、いつ漁に出られるか分からない。市には早急に対応してもらいたい」と話した。

市内3漁協の組合長は19日、市役所に座喜味一幸市長を訪ね、早期の対策を求め、市は同日に対策本部を立ち上げている。

保良漁港では19日に軽石が漂着していることを地元漁師が発見。市や県、宮古島海上保安部の職員らが集まり、状況を確認した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!