10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2021年11月24日(水)9:00

ドローン、各分野での活用期待

人命救助や農薬撒布など/本土企業 操縦指導講習会開く

 

ドローン操縦を教わる参加者=23日、平良荷川取

ドローン操縦を教わる参加者=23日、平良荷川取

無人航空機、通称「ドローン」の実用化が急速に進んでいる。宮古でも警察と民間企業が行方不明者の捜索や人命救助に活用しようと協定書を締結。畑への農薬散布で作業の効率化を図る取り組みもあり、空撮だけでなくさまざまな分野での活用に期待が広がっている。一方で安心、安全な飛行の実現に向けた規制の周知などが課題となっている。

23日には操縦方法を指導する団体が講習会を開催。地域の人たちが参加し、実際に操縦するなどして機能や知識などを深めた。

講習会を開いたのは、兵庫県の「やまびこSKY」(森田玉美代表理事)。平良荷川取(下崎)でスタッフが子供たちや受講生らに、飛ぶ高さや位置など、飛ばし方のコツを伝授した。

ドローンとは無人航空機の総称で、マルチコプターからラジコンヘリコプターまでさまざまなものが含まれる。2015年に改正された航空法によると、遠隔操作や自動操縦により飛行できる重量200㌘以上のものとなっている。

飛行させる空域(場所)によっては事前に国土交通大臣の「飛行許可」を得る必要があり、利活用に向けては安心・安全な飛行や人口密集地では飛ばせないなどの規制法の周知が課題となっている。

宮古では、警察が行方不明者の捜索や災害時の情報収集、人命救助などに生かそうと、民間企業と協定書を締結した。

同署では「周囲を海に囲まれ、断崖絶壁が多い宮古では非常に大きな効果を持たらす」と期待している。

また、ドローンを使って空中から農薬を散布する作業の実用化に向けた取り組みも行われている。

一般の人たちを対象に講習会を開いた、同社の森田代表理事は「ドローン機能や知識などを理解して、安全に楽しめるように普及させていきたい」と話した。

講習会に参加した古謝煕さん(高校3年)は「最初は難しかったが、操作に慣れてくると思うように動かせて楽しかった。ドローンのカメラから見た宮古島は思っていたより小さく見えた」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!