10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2021年12月28日(火)8:59

全乗務員にPCR検査/宮古タクシー組合

「利用者に安心安全提供」/車内に検査済証掲示へ

 

全乗務員にPCR検査を呼び掛ける下地代表理事(中央)。右は新山事務局長=27日、宮古タクシー事業協同組合

全乗務員にPCR検査を呼び掛ける下地代表理事(中央)。右は新山事務局長=27日、宮古タクシー事業協同組合

新型コロナウイルス感染症対策で宮古タクシー事業協同組合(下地隆之代表理事)は25日から、約250人いる島内の乗務員全員に対し無料のPCR検査を実施し、検査済証をタクシー車内に掲示する取り組みを始めた。下地代表理事は「不特定多数が利用するタクシーなので、検査済みを証明することで、お客さんに安心安全に利用してもらえる」とアピールした。

PCR検査は高輪アイランドクリニックグループが平良西原(福山)に開設した宮古島PCR検査センター(旧真喜屋精神科敷地内)で、県と市の補助事業を活用して無料で行う。

検査は少量の唾液を採取して行い、午後1時ごろまでに受け付ければ、当日中に結果が出る。検査結果を証明するカードを発行し、車内に掲示する。高輪アイランドクリニックの新山広明事務局長は「年末年始を迎えている。無料なので積極的に活用してほしい」と呼び掛けた。

新型コロナの影響が出る前は、島内14社のタクシー乗務員は350人ほどいたが、現在は約250人に減少しているという。

下地代表理事は「宮古では2カ月近く陽性者の確認がなく、市民の日常生活にも安心感が広がりつつある。しかしオミクロン株が県内でも猛威を振るっており、いずれ宮古島にも入ってくることが予測される。県内ではタクシー乗務員が感染源になったという例はないが、陰性証明を掲示することで、利用者に安全安心を届けることができる。観光客に対しても宮古島が受け入れ態勢を整えているというメッセージにもなる」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!