10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2022年3月17日(木)8:59

市原さん詩で大賞/沖縄タイムス芸術選賞

日常の新発見を言葉に

 

沖縄タイムス芸術選賞の文学(詩)部門で大賞に選ばれた市原千佳子さん

沖縄タイムス芸術選賞の文学(詩)部門で大賞に選ばれた市原千佳子さん

優れた芸術活動および芸術文化の向上に功績のあった個人、団体を顕彰する2020、21年度(第55、56回)沖縄タイムス芸術選賞に、市平良池間に住む市原千佳子さんが文学(詩)部門で大賞に選ばれた。市原さんは「毎日見ているものでも、ある日突然新しいものを発見する時がある。それを言葉で表現していきたい」と話し、読み手の想像力をかき立てる作品づくりへ意欲を示した。

「かぐや姫が月に還って千年。竹には節があり、人間の背骨にも節があり、月に向かってゆく階段がある。荒唐無稽と解釈する人もいるが、そういう中に真実はある」と話し「詩は書く人だけでなく、読む人も想像力を働かせてほしい」という。

若い人たちに向け「最初に受けた感覚を大事にしてほしい。『なぜ自分はそう感じたのか』。感じた物と自分との間に通う道がきっとあるはず。その感覚をどんどん追求して個性にまで結び付けてほしい」と話した。

市原さんは、小2のころ家族と沖縄本島に移住。那覇高校3年の時、現代国語の授業で夏目漱石の「こころ」に出会い、「大人になっても純粋に悩んでいる人がいる」と感動。その日のうちに文芸部に入り、詩を書き始めたという。

東京の短大を卒業後、小学校の教員として勤務。2004年に故郷池間島に戻り、「宮古島文学」に詩やエッセーなどを寄せている。1985年「海のトンネル」で山之口貘賞、1992年「太陽の卵」で沖縄タイムス芸術選賞奨励賞、2011年「月しるべ」で丸山豊記念現代詩賞。07年エッセイ集「詩(し)と酒(しゅ)に交われば」で平良好児賞。

自身6作目となる詩集「ひとりの千年」には29編を収めた。人間の背骨の形をイメージし、文字を図形のように配置した遊び心満載のページも。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!