10/05
2022
Wed
旧暦:9月10日 赤口 辛 
農林・水産業
2022年3月27日(日)8:59

製糖終了4月にずれ込む/悪天候で原料搬入鈍化

糖度は高品質を維持/島内2工場

 

天候が崩れ収穫途中でストップしているハーベスター=26日、下地上地

天候が崩れ収穫途中でストップしているハーベスター=26日、下地上地

昨年12月中旬に開始した島内2工場(沖縄製糖、宮古製糖城辺工場)の2021-22年産サトウキビの製糖操業は終盤を迎えている。当初、操業終了は3月中旬を見込んでいたが、年明け後、天候が崩れ気味で原料搬入が鈍化した。特に2月は雨が続き、操業一時休止を余儀なくされた。操業は4月までずれ込む見通しだ。これまで搬入された原料(キビ)の糖度は、ほぼすべてが基準帯以上で、平均15度台半ばで推移し、高品質を維持している。

今期は沖糖が12月13日、宮糖は同10日から操業を開始。そろって年内操業に入った。

今期の当初生産見込み量は沖糖が14万6800トン、宮糖が13万90トン。現在は沖糖が約1000トン減、宮糖が約9000トン減と見込んでいる。両工場とも12月は天候に恵まれ、ハーベスターによる収穫が順調に進んだ。年明けから悪天候の影響で思うように収穫が進まず、工場への搬入量が鈍った。1日1500トンから1600トンの処理能力があるが、それに満たない搬入量でスロー運転や一時休止がたびたび重なった。

沖糖は今月25日までに約13万トン、宮糖は約11万トンを搬入。両工場とも残り約1万トンとなっている。

工場は操業期間が4月までずれ込むことについて「この天候では先が見通せない。糖度は維持しているので、まだ大丈夫だと思うが…」「天気予報も雨続きで悩ましい」と話している。

宮糖は伊良部工場が12月1日、多良間工場が同2日から操業している。今期は当初、管内4工場で37万4000トンの生産量を見込んでいた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!