07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
教育・文化
2022年5月24日(火)8:59

情感豊かに歌声競う/第6回とうがにあやぐ大会

優勝は下地洋一郎さん/3年ぶり開催、26人参加

 

入賞した(左から)友利さん、與儀さん、下地洋一郎さん、砂川さん、下地夢華さん=22日、JTAドーム宮古島

入賞した(左から)友利さん、與儀さん、下地洋一郎さん、砂川さん、下地夢華さん=22日、JTAドーム宮古島

第6回とうがにあやぐ大会(主催・沖縄宮古民謡協会、宮古民謡協会、宮古民謡保存協会)が22日、JTAドーム宮古島で行われた。新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催。出演者が宮古で歌い継がれてきた「とうがにあやぐ」を情感豊かに歌い上げた。審査の結果、初出場の下地洋一郎さん(40)=下地=が優勝に輝いた。

準優勝には砂川奈々夏さん、3位には下地夢華さん、市長賞には與儀杏珠さん、審査員特別賞には友利涼さんが選ばれた。

優勝した下地洋一郎さんは「このような賞をいただき、うれしい。コロナで練習ができず、最後まで出場を迷ったが、自分への挑戦と思って臨んだ。指導する先生にも恩返しができた」と喜びを語った。

民謡は幼いころに祖父母がよく歌っており、親しみがあったという。本格的に習い始めて約2年だが、伊良部トーガニまつりと合わせて二つ目の栄冠。「練習を重ね、もっと良い歌が歌えるように頑張りたい」と笑顔を見せた。

大会は、大切に歌い継がれてきた「とうがにあやぐ」の素晴らしさを再認識し、保存・継承と芸能文化の普及発展を目的として開催されている。今大会には26人が参加。予選を突破した20人で本選が行われた。

主催者を代表して、宮古民謡保存協会の砂川次郎会長は「コロナの影響で3年ぶりの開催となった。参加者には練習の成果を発揮してほしい」とあいさつした。

来賓あいさつで座喜味一幸市長(代読・大城裕子教育長)は「先人から脈々と受け継がれたこの歌は宮古の気質を表すもの。今後も歌い継がれることと、伝統芸能のさらなる発展を祈念する」と述べた。

審査講評で沖縄宮古民謡協会の天久光宏会長は「コロナ下でけいこ不足が心配されたが、個性的で素晴らしかった。この歌を誇りに思い、全世界に広げてほしい」と述べた。

新型コロナ感染防止対策として、入場人数を制限して開催された。

 

☆関連記事 「宮古民謡を受け継ぐ」 期待の新人、松原忠之さん(2021年7月12日配信)

☆関連記事 最優秀賞に砂川さん/伊良部トーガニまつり(2021年11月23日配信)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!