07/24
2024
Wed
旧暦:6月19日 赤口 己 
農林・水産業
2022年5月28日(土)8:59

日照不足で葉数半減/葉タバコ

雨水たまり疫病発生も/農家に痛手、天候不良続く

 

畝間に雨水がたまった葉タバコ畑=27日、下地洲鎌

畝間に雨水がたまった葉タバコ畑=27日、下地洲鎌

年明けから天候不良が続く中、今期の葉タバコ生産は厳しい状況になっている。2月の日照不足で茎が伸びず、葉の枚数も例年の半分ほどしかなく、収量は大幅減となりそうだ。天候不良続きで畝間に雨水がたまることで、雨水から菌が葉にうつり、表面を白化させる疫病が発生している畑もあり、農家にとっては痛手だ。

葉タバコは年末に苗床に種をまき、苗をいったん育苗用のトレーに移し、その後、畑に定植する。定植は1月下旬から始まり、2月ごろまで順次行われる。2、3月は茎の伸長とともに葉数が増えていく。

今期は定植する時期から晴れ間が少なく、特に2月は長雨に悩まされた。日照不足で光合成が不足し、成長が鈍った。例年、18枚ほどの葉が収穫できるが、今期は10~12枚程度と半減している。また葉の枚数が減ることによって、土中に施した肥料を吸い上げる体力が弱まる。畑では葉が上方向ではなく、斜め下に伸びているのが目立つ。土中に残った肥料を吸い上げようと、茎と葉の付け根に生える脇芽の成長が一段と早まるという。脇芽に養分を取られないよう、農家にとって脇芽を除去する作業にも苦労している。

3月末から収穫が始まっているが、梅雨入り前からも連日の雨で作業がはかどっていない。畝間には雨水がたまり、立ち枯れも目立っている。農家が「ボタモチ」と呼ぶ疫病も発生しており、さらに痛手だ。雨の中、AP1と呼ばれる収穫機で作業していた農家(66)は「今年は3・5㌶を植え付けている。収量は半減とまではいかないと思うが、見通しは厳しい」と、恨めしそうに雨空を見上げた。例年6月中旬ごろまでに収穫を終えるが、今年は早まりそうだという。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年7月21日(日)9:00
9:00

キッチンカーグルメ満喫 「 ひらりんマーケット 」

ひらりんマーケット(主催・日本観光振興協会、宮古島市)が20日、平良港内のひらりん公園で開催された。会場には、たこ焼きやかき氷などキッチンカーが6台、アクセサリーなど物販が8店舗参加し、地元住民やクルーズ船観光客らがお目当ての商品を買い求めながら交流を楽しんだ…

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!