02/03
2023
Fri
旧暦:1月13日 先勝 壬 
農林・水産業
2022年5月28日(土)8:59

日照不足で葉数半減/葉タバコ

雨水たまり疫病発生も/農家に痛手、天候不良続く

 

畝間に雨水がたまった葉タバコ畑=27日、下地洲鎌

畝間に雨水がたまった葉タバコ畑=27日、下地洲鎌

年明けから天候不良が続く中、今期の葉タバコ生産は厳しい状況になっている。2月の日照不足で茎が伸びず、葉の枚数も例年の半分ほどしかなく、収量は大幅減となりそうだ。天候不良続きで畝間に雨水がたまることで、雨水から菌が葉にうつり、表面を白化させる疫病が発生している畑もあり、農家にとっては痛手だ。

葉タバコは年末に苗床に種をまき、苗をいったん育苗用のトレーに移し、その後、畑に定植する。定植は1月下旬から始まり、2月ごろまで順次行われる。2、3月は茎の伸長とともに葉数が増えていく。

今期は定植する時期から晴れ間が少なく、特に2月は長雨に悩まされた。日照不足で光合成が不足し、成長が鈍った。例年、18枚ほどの葉が収穫できるが、今期は10~12枚程度と半減している。また葉の枚数が減ることによって、土中に施した肥料を吸い上げる体力が弱まる。畑では葉が上方向ではなく、斜め下に伸びているのが目立つ。土中に残った肥料を吸い上げようと、茎と葉の付け根に生える脇芽の成長が一段と早まるという。脇芽に養分を取られないよう、農家にとって脇芽を除去する作業にも苦労している。

3月末から収穫が始まっているが、梅雨入り前からも連日の雨で作業がはかどっていない。畝間には雨水がたまり、立ち枯れも目立っている。農家が「ボタモチ」と呼ぶ疫病も発生しており、さらに痛手だ。雨の中、AP1と呼ばれる収穫機で作業していた農家(66)は「今年は3・5㌶を植え付けている。収量は半減とまではいかないと思うが、見通しは厳しい」と、恨めしそうに雨空を見上げた。例年6月中旬ごろまでに収穫を終えるが、今年は早まりそうだという。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!