08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
政治・行政
2022年7月27日(水)8:59

「新しい沖縄を創る」/下地氏

知事選向け政策発表

県知事選に向けてオンライン会見で政策を発表する下地幹郎氏=26日、パソコン画面を撮影

県知事選に向けてオンライン会見で政策を発表する下地幹郎氏=26日、パソコン画面を撮影

9月11日投開票の第14回県知事選(8月25日告示)に立候補を表明している宮古島市出身で前衆議院議員の下地幹郎氏(60)が26日、オンラインで記者会見を開いて政策を発表した。下地氏は「新しい沖縄を創りたい。それは国に頼らない、国と決別すること」と述べ、沖縄が自立していくためにこれまでの保守、革新ではなく政策で選び、今後の沖縄の政治を創っていくべきだとの考えを示した。

下地氏は、政策として「辺野古の軟弱地盤は埋め立てさせない」「保育園から小中高、大学、専門学校まで教育の無償化」「副知事の3人体制や財務部、外交部の創設など行政改革」などを挙げた。

離島関係では、長年の課題の解消のために「5G」「沖縄工科総合大学付属高校」などを示し、「情報格差をなくし、流動人口を増やす。航空運賃5000円、船舶運賃1000円を実現させる」と述べ、住みやすい環境作りを進めるとした。

米軍普天間飛行場の辺野古移設については、自らが関わってきた馬毛島整備が3年以内に終わるとし、「沖縄でやっている(在沖米軍の)訓練がすべてできる。辺野古の軟弱地盤を埋め立てる必要が無くなる。県民が融和し、新しい沖縄の課題に一緒になって取り組むことができる」と強調した。

さらに、コロナ対策や観光への取り組みなども示しながら、「すべてをかけてすべてを変える。その思いで頑張っていきたい」と決意を示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!