10/06
2022
Thu
旧暦:9月11日 先勝 壬 
農林・水産業
2022年8月23日(火)8:59

キビ要件審査始まる/JA対策室

対象農家は5000件

 

サトウキビ交付金に係る要件審査が始まった=22日、JAおきなわ宮古地区本部2階大ホール

サトウキビ交付金に係る要件審査が始まった=22日、JAおきなわ宮古地区本部2階大ホール

JAおきなわ宮古地区営農振興センターさとうきび対策室は22日から、サトウキビ交付金に係る要件審査を開始した。対象は約5000件の生産農家。同対策室では申請漏れがないよう注意を呼び掛けている。平良、城辺、下地、上野の4地区はJAおきなわ宮古地区本部2階大ホールで実施する。伊良部地区は30日以降にJAおきなわ伊良部会議室、前里多目的施設で開かれる。

初日は上野地区の新里や千代田などの各原料区の生産者を対象に実施した。午前9時の開始に合わせて生産者が次々と訪れ、必要な手続きを済ませた。

サトウキビ(分蜜糖)の生産者は、糖価調整制度によって1㌧当たり1万6860円の交付金を受け取ることができる。甘味資源作物交付金交付要綱で規定する生産者要件に該当することが条件。

指定期日の申請が難しい場合は、9月2日から10日までの期間に同対策室で申請を受け付ける(土曜は午前中、日曜は休日)。

問い合わせは同対策室(電話72・1341)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!