09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
教育・文化
2022年8月24日(水)8:59

伊良部島小中に文科大臣賞/野生生物保護功労で表彰

サシバ保護の功績たたえ/環境省など

 

文部科学大臣賞の受賞を喜ぶ国吉会長(左から2人目)と仲間会長(同3人目)=23日、県宮古合同庁舎

文部科学大臣賞の受賞を喜ぶ国吉会長(左から2人目)と仲間会長(同3人目)=23日、県宮古合同庁舎

2022年度愛鳥週間野生生物保護功労者表彰の伝達式が23日、県宮古合同庁舎で開かれ、伊良部島小学校・中学校(與那覇盛彦校長)に文部科学大臣賞が贈られた。サシバの飛来数調査など、野生生物保護に顕著な功績が認められた。同賞は、伊良部中時代の1991年と2014年に2度受賞しており、伊良部島小・中に統合されてからは初の受賞。

第76回愛鳥週間「全国野鳥保護のつどい」(主催・環境省、日本鳥類保護連盟)が5月に開かれ、受賞が決定していた。全国から67個人・団体が表彰され、文部科学大臣賞は2団体に贈られた。

同校は、統合前の伊良部中時代からサシバ保護のため、ポスターやチラシの作成、広報パトロール、飛来数調査などを長年行っている。統合後も活動を継続し、昨年は国際サシバサミットにも参加した。

伝達式で県環境部の金城賢部長(代読・出井航県自然保護課長)は「これまでの環境保全や保護啓発活動も評価され、受賞したことを県としても誇らしく思う」とたたえ、「県の環境保全の模範として活躍してほしい」と期待した。

受け取った伊良部島中生徒会の仲間泰心会長は「素晴らしい賞を受賞し、うれしく思う。サシバが過ごしやすい島にするため、休息する森林の保護など私たちにできることに精いっぱい取り組みたい」と語った。

伊良部島小児童会の国吉勇大会長は「受賞してうれしい。ごみ拾いなど自分ができることを頑張って、サシバを守りたい」と話した。

サシバは全長約50㌢。夏鳥として本州、四国、九州などで繁殖し、秋にはその年生まれた幼鳥などとともに越冬のため南下する。10月の寒露の時期を中心に、南下の中継地点として宮古島や下地島に飛来し、羽を休める。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!