12/04
2022
Sun
旧暦:11月11日 先負 辛 
産業・経済
2022年9月24日(土)9:00

経営改善へ各種取り組み/宮古食肉センター

市役所で豚肉販売実施へ/ヤギの血液販売も開始

 

経営改善に向けて取り組みを進めている宮古食肉センター=23日、上野野原

経営改善に向けて取り組みを進めている宮古食肉センター=23日、上野野原

宮古食肉センター(荷川取広明社長)は、第1、第3水曜日の午後5時から市役所で豚肉の販売を始める。21日にはプロモーション販売も行われ、短時間で完売した。同センターは現在も行政や関係団体からの支援を受け、事業・経営を継続しており、公益性、公共性を維持しながら自立した経営継続に向けて、ヤギの血液販売の開始などさまざまな取り組みを進めている。

同センターの2021年度決算では約46万円の黒字となっているが、市などからの補助金3000万円が投入された上での黒字。3000万円のうち、市が負担しているのは2146万円で72%に当たる。持ち株は沖縄振興開発金融公庫が30%、JAおきなわが22・3%、市が16・4%と市の持ち株比率は低いものの、補助金での市が占める割合は大きい。

同センターは経営改善に向けた新たな販売事業の取り組みとして、市役所での豚肉販売や同センターでのヤギの血液販売などを開始。販売する豚肉はヒレやロース、テビチ、ソーキなど。また、ヤギ血液の販売価格は1袋(1~1・5㌔)税込みで500円となっている。

また、と畜事業でもこれまで外部委託していた豚肉のカット業務をセンター職員が技術習得することで、経費削減などに取り組んでいる。

同センターについては開会中の市議会9月定例会の一般質問で、砂川和也氏が「赤字改善に向けて市は今後どのような対応をしていくのか。食肉センターがある意味を考えてほしい」と質問。これに砂川朗農林水産部長は、業務委託費の削減やヤギ血液の付加価値商品の開発などを進めていきたいと示すともに、「島内の飲食店やホテルなどに地産地消を推進し経営改善に取り組みたい」と説明した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!