12/04
2022
Sun
旧暦:11月11日 先負 辛 
イベント
2022年11月8日(火)9:00

3000メートル滑走路を体感/下地島空港

「空の日」で市民に開放/親子連れ「すごい広い」

 

親子連れや島外からの参加者たちが早朝から滑走路を歩いたり、走ったりしながら楽しい時間を過ごした=6日、下地島空港

親子連れや島外からの参加者たちが早朝から滑走路を歩いたり、走ったりしながら楽しい時間を過ごした=6日、下地島空港

県と下地島エアポートマネジメントは6日、「下地島空港・空の日イベント2022」として「ランウェイウオークと航空教室」を同空港滑走路などで開催した。同空港の3000メートルの滑走路では、早朝からランウェイウオークが行われ、目の前に広がる景色に参加者からは「思っていたよりもすごい広い」などの感想が聞かれた。

午前中の「ランウェイウオークと航空教室」には、40人の定員に対して約100人の応募があり、この日は選ばれた親子連れや島外からの参加者が日ごろは体験できない滑走路での「朝活」などを楽しんだ。

滑走路の運用時間を避けるため、ランウェイウオークは早朝の開催となり、管制塔の後方から差し込む朝日を受けた滑走路と、目の前に広がる景色に参加者たちは大興奮で、デジタルカメラやスマートフォンで記念撮影する風景が見られた。

伊良部島小学校1年の国頭岳さんは「初めて滑走路を歩いた。とても大きいのでびっくりしている。これだけ広くて長いと走りたくなる」と話し終えると、実際に滑走を走り回った。

母親のゆかりさんも「こうした経験はなかなかできないので子供も喜んでいる。すごい景色だし、とても良い経験になった」と話した

ランウェイウオーク中に、滑走路上では消防車2台による放水も行われ、頭上高く吹き上がる水の迫力に参加者から大きな拍手が起こった。

滑走路を歩いた後は「空港ではたらく車見学」と題して、普段は近くで見ることができない、いろいろな機能を持った車に、子供たちが実際に乗ったりしながら楽しい時間を過ごした。

また、クイズ大会や「空の日」限定の豪華な朝食も振る舞われ、参加者たちからは「すごいおいしいね」などと話しながら、空港での食事を楽しんだ。

そのほか、「スカイマークの旅客機を間近で見よう」も行われ、参加者たちは実際の飛行機が到着してから出発するまでの作業を旅客機の近くで見学した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!