12/07
2022
Wed
旧暦:11月14日 赤口 甲 大雪
農林・水産業
2022年11月20日(日)9:00

子牛8万5000円上げ/5カ月ぶり60万円台回復

増体、系統そろい値戻す/11月牛競り

 

5カ月ぶりに60万円台を回復した11月期肉用牛競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

5カ月ぶりに60万円台を回復した11月期肉用牛競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

2022年11月期肉用牛競りが19日、JAおきなわ宮古家畜市場で行われた。子牛1頭平均価格は前月から大幅に8万4818円上げ、61万991円となり6月期以来、5カ月ぶりに60万円台を回復した。平均キロ単価も2000円台を回復、2171円で272円の上げとなった。今回は増体、特に去勢で系統がそろったことと、購買者数が以前に戻ったことが値を戻した要因のようだ。関係者は、価格を持ち直したことに安堵(あんど)。年末に向けて牛肉需要増による取り引き価格安定に期待している。

子牛は275頭が上場され、271頭の取り引きが成立。平均体重は281キロだった。

1頭平均価格は去勢が前月比8万5997円高の66万1050円、雌は同6万2053円上がって51万6731円となった。最高価格は去勢の111万3200円だった。

平均キロ単価は去勢が前月比271円高の2292円、雌は同217円高の1926円だった。

成牛を含めた上場頭数は337頭で332頭が取り引きされた。成牛を含めた1頭平均価格は53万8460円。去勢が66万1050円、雌が39万8470円。全体の販売額は1億7876万8700円となった。

JAおきなわ宮古地区畜産振興センターの下地隆弘センター長は「県内各市場では値が動いていないが、宮古の上げ幅が最も大きい。今月はばらつきが少なく、増体、系統の良い牛がそろった。年末は枝肉需要も上がる傾向にあるので、今後に期待している」と話した。

宮古和牛改良組合の荷川取広明組合長は「この間、参加していなかった購買者が今月は来て、購買者の数が以前に戻ったことが大きい。宮古には購買者が好む血統の牛が多くいるので上げ幅が大きかったのだろう。加えて県共進会での団体賞を獲得したことも宮古牛のPRになり、良い影響を及ぼしているのでないか」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!