07/16
2024
Tue
旧暦:6月10日 先負 庚 
社会・全般
2023年1月6日(金)8:59

出身者の人生の節目祝う/上野、下地

地域で「二十歳を祝う会」

上野、下地の両地区で5日、「二十歳を祝う会」が開催された。二十歳を迎えた出身者が晴れ着やはかまを身にまとって参加。地域から祝福を受けながら、人生の節目に決意を新たにした。


24人の門出を祝い乾杯/上野地区
近況報告で将来の夢語る

 

二十歳を祝い、参加者全員で祝杯を掲げた=5日、上野公民館

二十歳を祝い、参加者全員で祝杯を掲げた=5日、上野公民館

上野地区二十歳を祝う会(主催・博愛の里上野地域づくり協議会)は上野公民館で開かれた。上野出身者の24人が参加。協議会役員や市議ら地域の関係者が祝福と激励の言葉を贈った。
会では、上野中学校の校歌をマスク姿で合唱。小中学校時代の思い出の映像も上映されたほか、中学時代の恩師も出席して、門出を祝った。
近況報告では「将来は親の仕事を継ぎたい」「漫画家になりたい」「教員を目指している」などと一人一人が現状と夢を語った。拍手が湧き起こり、会場は和やかな雰囲気に包まれた。
地域づくり協議会の島尻重則会長は「二十歳を迎えた皆さんが、一生の友として歩んでいくことを祈念する。この日の絆を忘れず、好奇心を常に持って前進してほしい。自分を愛し、地域を愛し、自立心旺盛で人を思いやる優しい人に育ってほしい」と激励した。

 

 

下地中70期卒が二十歳に/下地地区
保護者や地域住民が祝福

 

二十歳を迎えた下地中70期卒の皆さん=5日、下地農村環境改善センター

二十歳を迎えた下地中70期卒の皆さん=5日、下地農村環境改善センター

下地地区二十歳を祝う会が下地農村環境改善センターで開かれた。20歳を迎えた下地中学校70期卒の皆さんを保護者や地域の人たちが祝福した。会には卒業生29人のうち、帰省した26人が参加した。参加者は思い出話や近況を報告し合うなど、久しぶりの再会を楽しんでいた。
祝う会では、下地地区地域づくり協議会の川満好信会長が「皆さんは輝かしく新しい年を迎え、二十歳を実感していると思う。世の中は混沌(こんとん)とし、大きな転換期を迎えていると言われている。アンテナを高く伸ばし、いろいろな情報をキャッチして、自分を高め世のために頑張ってほしい」と激励した。
その上で「願わくば、下地地区に戻ってきて力を発揮してほしい」と話し、二十歳の皆さんの前途を祝福した。
70期卒を代表して多嘉良拓希さんは「地域の皆さんのサポートや応援で二十歳を迎えることができた。これまで両親に迷惑を掛けてきたが、これからは自立して周りの友達と支え合い、夢に向かって頑張っていきたい」と決意を話した。
記念撮影では、我が子の晴れ姿を保護者や地域の人たちが、カメラやスマートフォンに収めていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!