07/16
2024
Tue
旧暦:6月11日 仏滅 辛 
産業・経済 観光関係
2023年1月24日(火)8:59

島産カボチャ1期目生産分 本土出荷がピーク

地区農産物集出荷施設 月末にはトウガンも

 

1期目のカボチャの全国出荷がピークを迎えている=23日、宮古地区農産物集出荷施設

1期目のカボチャの全国出荷がピークを迎えている=23日、宮古地区農産物集出荷施設

年明けから、JAおきなわ宮古地区農産物集出荷施設にカボチャ、トウガン、インゲンなどがどんどん集荷され、カボチャに関しては1期目生産分が出荷のピークを迎えている。施設の職員は「カボチャは今がピーク。2月にかけてトウガンもピークになっていく」と説明した。集荷された冬の島産野菜は関東、関西を中心に発送されている。

23日の施設内には、大量のカボチャが山積みされていたほか、トウガンも生産農家からどんどんと運び込まれていた。

職員によるとカボチャの出荷は、2期目も合わせると5月の中旬ごろまで全国に出荷されるという。

トウガンは、これから2月にかけてピークになるが、2月以降は気温、天気の関係で少し減少して、3月ごろから夏場にかけてまた増えていくとしている。

集積されたカボチャ、トウガンついてはパートの女性たちが箱詰め作業を行っており、すでに野菜が詰められて出荷を待つ段ボールも施設内には並べられていた。

そのほかにも同施設ではゴーヤー、インゲン、メロンなどを空輸で発送する作業にも追われている。

宮古においては昨年、長雨や曇天による日照不足などが影響して、いろいろな作物の作柄不良や、収穫量の減少などの問題もある。

それでも、この時期にしか味わえない宮古島産野菜を待ちわびる全国の人たち向けて、同施設からは毎日、いろいろな野菜が出荷されていく。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!