06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2017年6月21日(水)9:03

経常利益5323万円/宮古空港ターミナル社

直営店売上げ過去最高更新


事業報告や計算書類などが報告された定時株主総会=20日、市内のホテ

事業報告や計算書類などが報告された定時株主総会=20日、市内のホテ

 宮古空港ターミナル社(下地義治社長)の第40期(2016年4月1日~17年3月31日)定時株主総会が20日、市内のホテルで行われた。事業報告では、当期の総売上高が8億2234万円で、経常利益は5323万3295円となっている。そのほか、剰余金の処分や取締役の辞任に伴う新取締役選任、任期満了に伴う監査役選任などの議案が全会一致で承認された。



 事業報告によると、16年度の宮古空港における乗降客数は155万9652人で、対前年比21万9004人増(16%)となり3年連続で過去最高を更新した。


 貨物取扱量は1万5549・7㌧で、前年度の1万4485・1㌧に比べ7・3%増加した。


 また、直営店全体売上げは4億2276万円(前年比20%増)と過去最高を更新した。


 あいさつで、下地社長は「昨年度の乗降客数は3年連続で過去最高を記録した。利用者数の増加に伴い狭隘(きょうあい)となっている旅客ビルの整備に向け、増築工事等中長期的な対応を検討している。宮古圏域のためにさらに充実した施設となり、地域振興の拠点として発展するよう精進したい」と述べた。


 剰余金の処分については、保証金返還準備積み立て金が300万円、修繕積立金については1000万円としている。


 新任取締役には、沖縄振興開発金融公庫の城間徹二融資第一部長が選任され、新監査役には砂川則夫氏、垣花充位氏が選任された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!