06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
政治・行政
2017年6月28日(水)9:03

久松線の一部拡幅を承認/都市計画審議会

都計マスタープラン 一部変更も


道路拡張が行われる久松線と中央通りの三差路。現在は歩道がない部分(写真左)を広げ、歩道と中央通りへの右折車線を整備するほか、久松線と中央通りの交差点の信号(写真右上)を廃止。民宿の建物(写真中央奧)を撤去し中央通りから右折する際の視界を確保する=26日、平良下里

道路拡張が行われる久松線と中央通りの三差路。現在は歩道がない部分(写真左)を広げ、歩道と中央通りへの右折車線を整備するほか、久松線と中央通りの交差点の信号(写真右上)を廃止。民宿の建物(写真中央奧)を撤去し中央通りから右折する際の視界を確保する=26日、平良下里

 2017年度宮古島市都市計画審議会(下地義治会長)が26日、市役所平良庁舎で開かれた。下地敏彦市長からの諮問を受けた都市計画道路久松線の一部を拡張する道路変更と、宮古島市都市計画マスタープランで地域の特性を面的に位置づけるゾーンに新たに「土地利用調整ゾーン」を追加する計画の一部変更について審議を行い、原案通り承認した。

 久松線の道路変更では、下里通り公設市場前交差点から国道390号久貝北交差点までの総延長1020㍍のうち、中央通りと交差する三差路周辺の155㍍の区域で道路を拡幅し、現在は歩道がない宮古病院から公設市場方面へ向かう道路左側に歩道を整備するほか、上部にある墳墓への影響を防ぐため擁壁を設置。久松線と中央通りとの行き来を制御している信号のみを廃止し、宮古病院方面から中央通りへの進入路として右折車線を新設するほか、中央通りから久松線へ進入(右折)する車線の交差点に停止線を設けるとともに三差路の角にある民宿の建物を撤去して道路部分を広げ、右折時の視界を広げる。

 市都市計画マスタープラン一部変更では現在、地域の特性を位置付けるゾーンとして「市街地ゾーン」、「農地・集落ゾーン」、「自然環境保全ゾーン」の3ゾーンが設定されているところへ新たに、自然的土地利用との調和に配慮しつつ都市的土地利用を補完する地域として「土地利用調整ゾーン」を追加。大規模集客施設の誘致や無秩序な市街化の抑制、防災機能を充実させることなどを目的に「市街地ゾーン」と空港の周辺を「土地利用調整ゾーン」に指定するもの。

 審議会では事務局を務める都市計画課の担当職員が久松線の道路変更と都市計画マスタープランの一部変更についての計画を説明。審議の結果、いずれも原案通り承認した。

 審議結果は近日中に下地市長へ答申される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!