07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
教育・文化
2017年6月30日(金)9:03

「氷小惑星」の発見目指す/天体観測PJ

国立天文台など研究グループ


ユニークな手法で世界初の「氷小惑星」観測を目指して研究を進める有松さん(左)と新中さん=28日、宮古青少年の家

ユニークな手法で世界初の「氷小惑星」観測を目指して研究を進める有松さん(左)と新中さん=28日、宮古青少年の家

 地球、海、生命の材料となった「氷小惑星」の初観測を目指す天体観測プロジェクト「オアシズ」が22日から宮古島でスタートしている。



 この取り組みは、国立天文台、東北大学、東京大学および宇宙航空研究開発機構の研究者を中心とする研究グループが、宮古青少年の家の施設屋上に小型観測装置を設置し、断続的に観測を実施している。


 28日も日が沈んだころから、天文台天文情報センターの有松亘特別客員研究員と新中善晴研究員が上空に望遠鏡を向けて、氷小惑星の観測を目指した。


 有松さんによると、「氷小惑星」はすばる望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡を用いても観測は不可能だが、今回のユニークな手法を用いた「オアシズ」では観測が可能としている。


 宮古を観測地に選んだ理由について、有松さんは「宮古は光害の影響が少ないのが理由で、天の川の一番星が多い場所を狙って観測している」と話した。


 「オアシズ」の特徴は、氷小天体が明るい星の手前を横切った時に光の光量が変わる瞬間を動画で観測する手法を用いている。今回、観測が成功すれば世界初となる。


 宮古島での観測は、8月上旬まで断続的に行われるほか、8月5日には高校生や天文学に関心のある中学生を対象にした「宮古島宇宙学校~宮古島から宇宙を探ろう~」を宮古青少年の家で開催する。


 この宇宙学校開催に関する問い合わせは、メールがko.arimatsu@nao.ac.jp. 電話は0422・34・3795。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!