07/06
2022
Wed
旧暦:6月8日 先勝 庚 
イベント
2017年7月9日(日)9:07

海風受けサイクリング/ツール・ド・宮古島

景色楽しみながら/きょうはロードレース


海風を受けながらサイクリングを楽しむ参加者=8日、伊良部大橋

海風を受けながらサイクリングを楽しむ参加者=8日、伊良部大橋

 第10回ツール・ド・宮古島2017(主催・同実行委員会)のサイクリングが8日、トゥリバー地区を発着点に行われた。83㌔の部に68人、池間島を含むほぼ島を1周する114㌔の部に92人の合わせて160人が出場した。正午にトゥリバー地区を一斉にスタートした。きょう9日は、ロードレースが、トゥリバー地区を発着点に行われ、184㌔が午前7時、114㌔の部が同7時10分にスタートする。

 開会式で宮國博教育長は「宮古島はエコアイランド、バイク競技は実に適している。暑いので熱中症に気を付けて楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 暑さとの戦いとなり、参加者はエイドステーションで頭から水を掛けてもらったり、「サイクリングならではです」と話し、日陰で涼を取る姿も多く見られた。参加者は口々に「暑い、暑い」と言いながら、携帯しているボトルやエイドステーションで、こまめに水分補給をしていた。

 この日の日中の最高気温は午後2時9分に32・2度を観測した。このときの湿度は71%だった。

 東京から初参加の神沢直也さん(49)は、114㌔に挑戦。「宮古島に来てみたかった。来年は家族で参加したい。その下見も兼ねている。自転車でなければ見られない所を、島1周しながら、観光気分で楽しみたい」。

 地元から2回目の参加の森田真子さん(33)は83㌔の部で「景色を楽しみながら、無心になって走る。ゴールしたときの達成感が何ともうれしい。自然からパワーをもらって楽しみたい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!