07/16
2024
Tue
旧暦:6月11日 仏滅 辛 
産業・経済
2017年7月15日(土)9:04

きょう「マンゴーの日」

アーウィン種店頭に並ぶ/農家収穫作業本格化


店頭に陳列されたマンゴー=14日、島の駅みやこ

店頭に陳列されたマンゴー=14日、島の駅みやこ

 きょう15日は、「マンゴーの日」。宮古地区のマンゴー収穫は例年より約半月以上遅れていたがここ数日で店頭には箱詰めされたマンゴー(アーウィン種)が陳列され本格的なマンゴー収穫が始まった。生産農家も注文を受けたマンゴーを箱詰めする作業が始まり県内外への出荷に追われている。

 県や農業団体などで構成する県農水産物販売促進協議会は2000年、7月15日を「マンゴーの日」と定めた。収穫の最盛期に向け、県産ブランドとして県内外に広くPR活動を強化する狙いで制定された。

 伊良部のミキマンゴー生産組合(棚原恵良会長)は栽培ビニールハウス8棟(面積約8㌶)で金蜜(きんみつ)とアーウィンの品種を生産。今期は前期より2㌧増の5㌧を見込む。

 棚原会長は14日、「金蜜は糖度が20度以上あり、とても美味しい。これからお中元が本格し、新盆・旧盆の訪れで収穫、出荷が忙しくなる」と語った。

 県農林水産部によると、今年の県産マンゴーの生産量は過去最高の2055㌧(対平年比20%増)を予測している。宮古地区は700㌧の生産量を見込んでいる。昨年が不作だっただけに今年に懸ける農家の表情は明るい。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!