07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
政治・行政
2017年8月1日(火)9:02

病害虫対策に力/きび糖業振興会

総会開き活動計画決める


新年度の活動計画と予算を決めた宮古地区さとうきび糖業振興会の定期総会=31日、JAおきなわ宮古地区本部

新年度の活動計画と予算を決めた宮古地区さとうきび糖業振興会の定期総会=31日、JAおきなわ宮古地区本部

 宮古地区さとうきび糖業振興会(会長・下地敏彦市長)は31日、JAおきなわ宮古地区本部で定期総会を開き、新年度の活動計画と予算を決めた。新年度は病害虫対策に力を入れる。



 冒頭、下地会長は「病害虫被害が出てきている。増産を図るのは当然だが、病害虫対策をしっかりやる必要がある」と述べた。


 この後、前年度の活動報告と決算、新年度の活動計画案と予算案を審議し、全会一致で承認した。


 新年度活動計画には、セーフティーネット基金(自然災害被害対策事業)の有効活用を盛り込んだ。自然災害や病害虫の発生に早急に対応し、被害を最小限に抑えてサトウキビの安定収量の確保に努める。


 病害虫対策では、発生源となる雑草及び防除方法に関する冊子を作成、配布して啓蒙活動を図る。


 新年度の予算額は1155万円。収入は市や村、製糖会社、JAの分担金計632万円や雑収入276万円で組んだ。一方、支出では事業費に600万円を計上した。そのほか委託費185万円、組織対策費101万円などとした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!