06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
スポーツ 社会・全般
2017年9月8日(金)9:03

信頼、思いやり、気配りを/伴走者講習会

荒谷さんが高校生に講話


宮高駅伝部のメンバーに伴走のコツを教える荒谷さん(右)=6日、市陸上競技場

宮高駅伝部のメンバーに伴走のコツを教える荒谷さん(右)=6日、市陸上競技場

 盲人ランナーとしてこれまでフルマラソンを100回完走している荒谷惇子さん(69)による伴走者講習会が6日、宮古高校男子陸上部のメンバー15人を対象に市陸上競技場で行われた。講習会では、部員たちが実際にアイマスクをして、見えない状況で走ることの怖さを体験。荒谷さんは伴走のポイントとして信頼と思いやり、気配りが大切であることを呼び掛けた。

 荒谷さんは、自分のこれまでの半生を紹介しながら57歳で挑戦したマラソンから生きる力を得て、これまで周囲の支援を受けながら走り続けてきたことを部員たちに説明した。

 さらに、宮古島が大好きで現在は東京在住だが、宮古空港近くにアパートを借りて宮古への移住も計画していることも紹介した。

 今回の講習会は、10月29日に開催されるエコアイランド宮古島マラソンに出場する荒谷さんの伴走者を育成することも目的で、本番までに部員の中から3~4人を選んで伴走をお願いする予定。

 盲人ランナーと伴走者をつなぐのは、伴走ロープ。周囲の状況が見えないランナーに対して、伴走者はあらゆる情報を口頭とこのロープを使って伝える。

 荒谷さんは「伴走する方も一緒に走るランナーにけがをさせてはいけないなど、いろいろ気を遣うと思うが私たちは、多少のけがは仕方がないと思っている。それでも私たちは走り続けたい。信頼、思いやり、気配りを持って一緒に走ってくれればうれしい」と呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!