06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
教育・文化
2017年9月17日(日)9:05

宮古中文連を表彰/方言の普及功労で

しまくとぅば県民大会


富川副知事(左)から普及功労者表彰される宮古地区中学校文化連盟の友利会長(右)=16日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター

富川副知事(左)から普及功労者表彰される宮古地区中学校文化連盟の友利会長(右)=16日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター

 【那覇支社】 9月18日の「しまくとぅばの日」に合わせた第5回しまくとぅば県民大会(主催・県)が16日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催された。大会では2017年度しまくとぅば普及功労者表彰式が行われ、宮古地区中学校文化連盟(友利直喜会長)など2団体9個人に表彰状が贈られた。



 友利会長は「大きな賞をいただき、とてもうれしい。中学生に方言に親しむ機会になるよう、地域の協力を得ながら地道に取り組んだ成果であり感謝したい。この賞を励みに、今後も地域と共に方言の普及に努めたい」と喜びを語った。


 県は同連盟の功績として、「宮古方言に絞った『しまくとぅばパーフォーマンス大会』の公演を企画し、今年度で7回目。宮古各地域の方言による民話の寸劇や意見・研究発表、落語、宮古民謡など、学校や地域のボランティア、生徒が一体となり作り上げる大会となっている」と評価した。


 県では、06年の「しまくとぅばの日に関する条例」制定により、しまくとぅばの普及、継承を主要な文化施策と位置づけ、10カ年の「しまくとぅば普及推進計画」に基づき、県民運動を展開している。


 主催者あいさつで、翁長雄志知事(代読・富川盛武副知事)は「消滅が危惧される『しまくとぅば』を次世代へ普及、継承するため、より実効性のある取り組みが必要。大切さや魅力を再認識し、一人一人が担い手として家庭や職場などで広めてほしい」と述べた。


 大会では、「しまくとぅばの普及・継承」県民宣言を掲げ、▽日常生活で積極的に使うよう心掛ける▽各地域のしまくとぅばを大切にし、地域の伝統文化などを継承していくーなどの5項目を活動方針にして、県民一丸となって取り組むことを確認した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!