07/04
2022
Mon
旧暦:6月6日 大安 戊 
政治・行政
2017年10月11日(水)9:05

富川、仲里、西銘氏が届け出/衆院選公示

前職2人、事実上の一騎打ち/4選挙区に12人が立候補


無所属前 仲里利信氏(右)と自民前 西銘恒三郎氏

無所属前 仲里利信氏(右)と自民前 西銘恒三郎氏

 【那覇支社】第48回衆院選が10日公示された。宮古島市と多良間村を含む沖縄4区では、届け出順で新人の富川泰全氏(38)=幸福実現党公認、前職で「オール沖縄」勢力が推す仲里利信氏(80)=無所属、前職で経済産業副大臣の西銘恒三郎氏(63)=自民党公認、公明党推薦=の3氏が立候補の届け出を行った。選挙戦は、仲里氏と西銘氏の、前職2人で事実上の一騎打ちとなる公算が高い。投開票日は、宮古島市議選(15日告示)と同じ22日。

 今回の選挙では、安倍政権の実績や政権運営方法、国と対立を続ける翁長県政のあり方、地域振興、宮古・八重山への陸自配備などが争点となる。

 県選挙管理委員会によると、県内の有権者総数(10月9日時点)は115万5170人。沖縄4区の有権者数は28万6605人で、このうち宮古地区は宮古島市の4万3756人と多良間村の839人。

 また、昨年6月に施行された改正公職選挙法では選挙権の年齢が「18歳以上」に引き下げられており、18歳と19歳の若者にとっては初めての大規模な衆院選となる。若者層の投票行動にも、注目される。

 沖縄1区~3区の立候補者は、届け出順に沖縄1区が前職の国場幸之助氏(44)=自民、前職の赤嶺政賢氏(69)=共産、前職の下地幹郎氏(56)=維新、新人の下地玲子氏(59)=幸福。

 沖縄2区は、いずれも前職で、照屋寛徳氏(72)=社民、宮崎政久氏(52)=自民。

 沖縄3区は、前職の玉城デニー氏(58)=無所属、新人の金城竜郎氏(53)=幸福、前職の比嘉奈津美氏(59)=自民。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!