06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
スポーツ
2017年10月30日(月)9:06

秋の宮古路ひた走る/第8回エコアイランドマラソン

仲間が2年ぶり3度目V


朝陽を背に、一斉にスタートするフル、ハーフの選手=29日、市陸上競技場

朝陽を背に、一斉にスタートするフル、ハーフの選手=29日、市陸上競技場

 第8回エコアイランド宮古島マラソン(主催・宮古島市、市教育委員会、宮古島観光協会)が29日、伊良部大橋を渡るコースで行われた。フルマラソン、ハーフ、10㌔の3部門に計1558人が出場し、秋の宮古路の走りを満喫した。フルの部は那覇市から出場の仲間孝大(29)が、2時間35分33秒で2年ぶり3度目の総合優勝を果たした。女子は神奈川県の能勢結希(46)が3時間30分57秒で初優勝。ハーフの部男子は宮古島市の仲間正彦(33)、女子は京都府の谷村侑子(35)がそれぞれ初優勝を果たした。3部門の完走者は1489人、完走率は95・57%だった。台風22号の影響で28日の那覇発着の空の便に欠航が多く、出場者の来島にも影響が出た。

 大会はフル、ハーフ、10㌔の3部門で行われた。開会式で大会長を務める下地敏彦市長は「この大会で繰り広げられる熱いレースを通して、心に残る感動と出会い、交流の輪が広がり、宮古島からさまざまな方向に発展していくことを期待する」とあいさつした。

 前回フルマラソン女子優勝の我那覇昭子さんが選手宣誓で「台風の影響で参加できなかった選手の思いを胸に、美しい宮古島の海や景色を楽しむとともに、島を汚さぬよう、マナー良く走ることを誓う」と、全力で走り抜けることを誓った。

 フルとハーフの部は午前9時に市陸上競技場をスタート。10㌔の部は午前9時15分に、伊良部大橋の伊良部側橋詰めをスタートした。

 フルの部には437人が出場し、市陸上競技場を発着点に伊良部、来間大橋を渡るコースで健脚を競い413人が完走した。

 ハーフは市陸上競技場をスタートし、伊良部大橋を渡って折り返すコース。722人が出場し、709人が完走した。男子は仲間正彦が1時間19分8秒、女子は谷村侑子が1時間37分4秒のタイムで、それぞれ初優勝した。

 伊良部島をスタートする10㌔の部には399人が出場し、367人が完走した。

 男子は東京都の石川健太郎(35)が36分4秒、女子は大阪府の徳元ゆかり(41)が49分34秒で、それぞれ1位でゴールした。

 レース後は市総合体育館で表彰式、ふれあいパーティーが行われ、出場した選手らは、お互いの健闘をたたえ合った。今大会から新設された「コスプレ賞」「パフォーマンス賞」「特別賞」の3部門が表彰式で発表された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!