07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
スポーツ
2017年11月5日(日)9:04

北、南(高学年)など4強

本社杯全宮古少年サッカーが開幕


宮古毎日新聞杯全宮古少年サッカーが開幕。3部門29チームの児童が予選リーグで争った=4日、市城辺総合運動公園

宮古毎日新聞杯全宮古少年サッカーが開幕。3部門29チームの児童が予選リーグで争った=4日、市城辺総合運動公園

 第25回宮古毎日新聞杯全宮古少年サッカー大会(主催・宮古毎日新聞社、主管・宮古サッカー協会)が4日、市城辺総合運動公園で開幕した。初日は3部門でリーグ戦を行い、高学年の部は宮古北SC、久松FC、宮古南FC、上野FCがそれぞれ4強に進んだ。5日に各部門の決勝を行う。



 今大会には、低学年(1~2年)の部、中学年(3~4年)の部に各11、高学年(5~6年)の部に7チームが出場している。


 初日はそれぞれ予選リーグを行った。この日は風が強く、時折横殴りの雨が降るあいにくのコンディションだったが、児童たちは日ごろの練習の成果を発揮してプレーに集中。決勝トーナメント出場を目指した。


 試合の結果、中学年と高学年は4強が決定。中学年は上野FCヴェルディ、宮古南FCブルーズ、ラソス久松、マティダ東FCAが準決勝に駒を進めた。


 大会最終日の5日はそれぞれ決勝戦を行い、少年サッカー宮古一を決める。


 この大会は、児童にチームプレーの楽しさを体験してもらうとともに、交流を深めることで心身の健全育成を図ることが狙い。


 開会式で宮古毎日新聞社の平良覚社長は「連携プレーなど日ごろの練習の成果を十分に発揮し、監督やコーチの指導に沿って頑張ってほしい」と激励。「他のチームの選手とも親睦を深めよう」と呼び掛けた。


 選手宣誓した沖縄宮古南FCの島袋快主将は「日ごろの練習の成果を堂々と発揮してプレーすることを誓います」と期間中の全力プレーを約束した。


 初日の結果は次の通り。

 【低学年】久松バンチキローズ8-2平良第一FCフューチャーズ▽宮古北SCカルチャトーレ18-0ESP上野FCちっちゃいモンS▽下地FCA9-3マティダ東FC▽平良第一FCガンバ14-0平良第一FCフューチャーズ▽久松ジュニア12-0ESP上野FCちっちゃいモンS▽宮古南FCキッズ6-4マティダ東FC▽久松バンチキローズ3-3平良第一FCガンバ▽久松ジュニア6-4宮古北SCカリーナ▽宮古南FCキッズ15-0下地FCB▽宮古北SCカルチャトーレ5-1宮古北SCカリーナ▽下地FCA17-0下地FCB

 【中学年】宮古北SC(U10)11-0マティダ東FCB▽ラソス久松7-1宮古北SC(U10・9)▽宮古南FCブルーズ8-0宮古南FCガナーズ▽マティダ東FCA17-0マティダ東FCB▽平良第一FCロッソ2-0宮古北SC▽宮古南FCブルーズ3-0平良第一FCレッズ▽マティダ東FCA3-1宮古北SC(U10)▽エスペランサ上野FCヴェルディ5-0平良第一FCロッソ▽平良第一FCレッズ4-0下地FC▽ラソス久松2-2エスペランサ上野FCヴェルディ▽宮古南FCガナーズ2-2下地FC

 【高学年】宮古南FCA4-0マティダ東FCスフィーダ▽宮古南FCB1-1マティダ東FCシャイネン▽宮古北SC3-1マティダ東FCスフィーダ▽久松FC6-1宮古南FCB▽宮古南FCA1-0宮古北SC▽久松FC2-1エスペランサ上野FC▽エスペランサ上野FC3-0マティダ東FCシャイネン


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!